COUNTDOWN JAPAN19/20 2日目に参戦してsumikaやflumpoolを堪能した感想まとめ新年のご挨拶&2020年の抱負に合わせてブログ方針に関してのご報告

2019年12月31日

COUNTDOWN JAPAN19/20 3日目に参戦してKEYTALKやNUMBER GIRL、サカナクションを堪能した感想まとめ

皆さんこんにちは。ウリカドです。 
今回はCOUNTDOWN JAPAN19/20(以下CDJ)3日目に参戦した感想をまとめます。

IMG_3962


IMG_3853


2日連続参戦しました。


2日目の感想はこちらです。



中2日券を購入した形です。
参戦1日目にもらったリストバンドは2日目にも必要なので注意が必要でした。

また、2日連続参戦ということで10月末あたりから宿泊場所を探していたのですが、海浜幕張駅付近のみならず京葉線一帯のホテルが満席で衝撃でした。
結果五反田駅付近というホテルに泊まらざるを得なかったところが今回唯一の反省点です。
来年はもっと早くホテルを探そうと思います。

……また、残念ながらこの日、同行していた友人二人の内一人が風邪をひいてしまいあえなくリタイアとなってしまいました。
この時期は体調崩しやすくて本当に怖いですね。
その送迎をしていたため、この日は参戦バンド数は少なめになります。
ご容赦いただけますと幸いです。


というわけで、以下、ライブ感想をまとめます。



目次
●ライブ感想
・Base Ball Bear
・KEYTALK
・FLOWER FLOWER
・スキマスイッチ
・NUMBER GIRL
・サカナクション




・Base Ball Bear(EARTH STAGE)

ベースの方が無茶苦茶美人で驚きました!
関根史織さんという方らしく、この方を実際に見れるだけでも今日参戦した価値があったと確信しております!


……というどうしようもない感想はさておいて、通称ベボベのライブ感想です。
NUMBER GIRL(通称ナンバガ)が17年の時を経て今回参加するのですが、そこに触れていました。

「17年前のNUMBER GIRLのライブに行った後、観覧車の中で『あんなライブをするぞ』と叫んだことを覚えています」
「NUMBER GIRLがライブをする世界戦に今いるんですね。嬉しい反面怖いです」

NUMBER GIRLというバンドは改めて伝説なんだなと思いました。
このMCを聞いた上での演奏は素晴らしいものでした。
唯一「Stairway Generation」だけ知っていたのですが、それ以外の曲も全体的に楽しめました。
17年間の蓄積を全力で追いかけたいなと思いました。




・KEYTALK(ERATH STAGE)
ロッキン、レディクレに引き続き今年3度目の参戦です。







今回一番の驚きは、「Summer Venus」にてしゅんしゅんクリニックPがコラボしたところでした。
元々メインボーカルの巨匠が「Summer Venus」にてしゅんしゅんクリニックPのダンスをマネしていたのですが、それが高じて今回コラボに至ったとのことでした。
こういう予期せぬコラボもフェスの見所ですね。

ラストの「MONSTER DANCE」含め、今回も盛大に盛り上がったライブでした。
来年こそはワンマンライブ参戦します。大好き。



・FLOWER FLOWER(ASTRO STAGE)
われらが青春そのもの、YUIがメインボーカルのバンドです。
大変申し訳ないのですがFLOWER FLOWERの楽曲は一曲も知らないまま、とにかくYUIの歌声が聴きたいという一心で参戦しました。

そしたら……まさかのRolling star披露!!!!


アニメ「ブリーチ」のOPで、当時カラオケで歌いまくっていました。
FLOWER FLOWERとして昇華されたRolling starを聴くことができて本当に幸せでした。

勿論FLOWER FLOWERの楽曲も素晴らしかったです。
しっかり聴きなおそうと思います。




・スキマスイッチ(EARTH STAGE)
スキマスイッチのお二人、超絶フランクなんですね。
思ったよりも和やかなMCで衝撃を受けました。
ワンマンライブだともっと長くMC堪能できるのは良いなあと思いました。

「ガラナ」、「全力少年」、「奏」といった超絶有名曲を堪能できました。
ワンマンライブ行きたいですね……チケット当たるかどうかはわかりませんがチャレンジしてみたいと思います。



・NUMBER GIRL(EARTH STAGE)
IMG_3951


伝説的オルタナティブロックバンド、ナンバガがCDJに参戦です。
大変失礼ながら「透明少女」しか知らなかったので会場後方でじっくり聴いていました。
どの曲も無茶苦茶心に突き刺さります。
MCからしてかっこ良く、かつ曲と曲をしっかりつなげる形式で、MC中も心に突き刺さるという、初めて味わうタイプの感動をかみしめていました。
同行した友人も「いやー、良かったわ。一番良かったわ」とつぶやいており、ナンバガは偉大だと思った次第です。
サブスク聴きまくります。




・サカナクション(EARTH STAGE)
私としてた今年最後のライブでした。
実は初参戦、サカナクションです。
「新宝島」からスタートし、「夜の踊り子」と続いていくセトリで盛り上がりまくりました。

その後、ステージ前方に薄い幕が掲げられます。
この幕に様々な映像が投影されることにより、音のみならず視覚的な演出も施されていたところが衝撃的でした。

ワンマンライブではなくフェスなんですけどねこれ!
フェスでもこんな感じでやりたいことをやってくれるんですね、サカナクションというバンドは!

本気でワンマンライブに行きたくなりました。
ワンマンライブではどんな演出してくれるんですかね……来年なんとか参戦しようと思います!

IMG_3938


ラストはまさかの撮影オーケー。
気前良すぎて泣きそうでした。




以上になります。
CDJ2日間、twitterでもかなり話題に挙がっていた印象です。
どのバンドも年末に爪痕を残そうと全力で楽しませてくれていました。
来年も参戦したいと思うと同時に、色々なフェスやワンマンライブに参戦しようと思います!

それでは皆さん、良いお年を!
来年もよろしくお願いします!


コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
COUNTDOWN JAPAN19/20 2日目に参戦してsumikaやflumpoolを堪能した感想まとめ新年のご挨拶&2020年の抱負に合わせてブログ方針に関してのご報告