週刊少年ジャンプ46号 ハイキュー!!が衝撃展開過ぎた感想まとめ #wj46バチェラー・ジャパン シーズン3の衝撃的な結末を目の当たりにして女性陣と同じように唖然としたネタバレあり感想まとめ

2019年10月21日

週刊少年ジャンプ47号 鬼滅の刃が容赦なさすぎた一方でDr. STONEのBoichi先生の仕事量が化物過ぎる感想まとめ #wj47

関連記事 少年ジャンプ46号 感想まとめ

皆さんこんにちは。ウリカドです。
土日休み+月曜有休+火祝日休みということで4連休を獲得いたしました。
土日は楽しんだのですが肝心の月曜有休をあまり有効的に使えていない感が半端じゃないです。
旅行でもいければ良いんですけどね。月曜日休みの友人がおらず持て余してしまいました……。
少しでも何かやった感を出すため、普段夜にまとめるジャンプ感想を昼間にまとめようと思います!




というわけで、以下、週刊少年ジャンプ47号のネタバレ含みます。
ジャンプ本誌掲載順に感想をまとめます。


また、単行本購入するほど好きな作品ということを示すため、タイトルの横にその旨記載してます。





●チェンソーマン
 第93話 ジェーンは教会で眠った

表紙&巻頭カラー、おめでとうございます!
巻頭カラーの見開き、最高ですね。
マキマさんが着痩せするタイプということも知れて良かったです。

なんやかんや単行本を購入していないんですよね~。
単行本を買うか買わないか、かなり悩んでいる作品です。
展開が独特過ぎて今後どうなるかがわからないことがネックですね。
唐突に10巻くらいで終わってもおかしくない雰囲気です。
10巻超えて軌道にのったら購入を検討したいです。


本編はというと、これまた唐突に登場したレゼさんが敵側ということが開示されました。
台風の悪魔ともつながっているとのことでマキマさん並のやばさを醸し出しております。デンジは何故こういう女性ばかりを好きになってしまうのか……(笑)

レゼから逃避行の提案がありましたが、マキマさんとレゼさんのどちらを選ぶのか、注目です。
個人的には極貧の生活から救い出してくれたマキマさんを選んでほしいところ。




●ONE PIECE(ドレスローザ編まで購入済)
 第959話 侍

今回の記事よりサブタイトルも居れてみましたが、ワンピースってもう少しで1000話に到達するんですね……!
それでも尚勢い衰えないところが流石すぎます。


本編はというと、各々の準備は万端だったにも関わらずオロチの策略により集合できない状況が明かされました。
橋一つ潰されるくらいならばワンピースの世界観ならどうとでもなる気もしないでもないです。
現にスリラーバークでフランキーが簡単に橋をかけてましたし。
若干集合が遅れてしまった挙句、侍たちが単独で攻め入ってしまうというところが落としどころでしょうか。

そしてここで光月おでんの回想に突入。
世界情勢で盛り上がった後のワノ国再会直後で回想か……正直テンションが下がりました……。
短めにまとめてくれるとテンション維持できるなあと思います。




●Dr. STONE(単行本購入済)
 Z=126 三次元の謀略

Boichi先生が週刊少年ジャンプ上でドクスト外伝を連載されるそうですね。
百夜を中心に据えたスピンオフでBoichi先生がなんと原作も兼ねるとのことで、今から無茶苦茶楽しみです。
当然Dr. STONEは休載ですよね、そりゃそうですよねジャンプで2作同時連載なんてできるわけが……

やるんですか、週刊少年ジャンプ誌上で2作同時連載!?!?

マガジンでは真島ヒロ先生が2作同時連載を短期集中でやられておりますが、だからってジャンプでもやる必要はないでしょう……けれどもやるんですか……すげえな……。
アニメ化作品の勢いを後押しする施策としてこれ以上ないものかとは思いますが、企画編集部、よくこれを通したな……。
Boichi先生の体調が心配です。
しかし、ひとまず一読者としてこれ以上ないほどに楽しみですので、来週からのジャンプがより待ち遠しくなりました。



本編はオオアラシが受信機をコハクから奪っていたことが判明しました。
情報戦が重要と繰り返し主張している本作においてオオアラシは一歩先をいっていました。
ここまで順応できるオオアラシは現代の知識を持っている可能性があるなあと思いました。

ドローンの登場を予期しつつ、石化武器の軌道修正してモズ石化ですかね。
次回が楽しみです。



●約束のネバーランド
 第155話 復活

まさかのクローネ再登場からのラスボス降臨です。
クローネ再登場はファンサービスとして最高でした。
脱獄までがやはり一番盛り上がりましたよね……。
それを思うと実写映画も楽しみだったりします。
評判が悪くなければ観に行くかもしれません。



●ブラッククローバー
 ページ225 ハート王国

舞台設定を披露した直後に戦闘に入りつつアスタは女王の元へ直行ですか。
相変わらずテンポが速い上にわかりやすくて好きです、ブラッククローバー。



●アクタージュ(単行本購入済)
  scene86.必死

あれほど自分に自信があった王賀美が後悔している!
この感情を元に牛魔王を演じるという流れですかね。
なるほど、これならいけそうな気がします。
果たしてどうなる、次週。



●鬼滅の刃
 第179話 兄を想い弟を想い

吾峠先生には血も涙もないのか……。
サブタイトルがより一層涙を誘います。
玄弥と時透君、退場です。

兄と弟の会話を二組分しっかり入れて、これでもかというほどにしっかり退場させました。
鬼側はあんなに引っ張るのに何故味方陣はこうもしっかり退場させるんだ……。

同期でも最年少柱でも容赦なく退場ということで、より一層誰が生き残れるのかがわからなくなってきました。
頼むからこれ以上退場しないでくれ。お願いだから。お願いします吾峠先生。




●僕のヒーローアカデミア(単行本購入済)
 No.247 語れ!現状!

サブタイトルに勢いがあるけれども特に意味がない勢いなところが良いなあと思います。

久々にデクのオタクっぷりがみれて良かったです。
図解含めてパワーポイント使って説明させてあげたい。

爆豪は本質を貫きつつしっかり成長させているところがよいですね。
今の爆豪ならジーニストの事務所にインターンに行ってもしっかり成長してくれる確信を持てます。
デクも轟も個性複数持ちですもんね。
そんな彼らに負けじと「なんでもできる」自分の個性を強くさせたいというのは素晴らしいです。



●SPY×FAMILY(単行本購入済み 出張掲載)
 EXTRA MISSION:2

まさかの2度目の出張掲載! おめでとうございます、ありがとうございます!
本誌の作品を軽く超えるくらいの売り上げを博していますからね。
父母娘と、主人公格が3名いますが、どのキャラを主軸に据えても抜け目なく面白いところが本作の魅力かと思われます。
キャラメイクが他を圧倒している。

今回は父母のデートを娘が尾行というシチュエーションでした。
3人入り乱れておりましたが最高に面白かったです。

フグの毒を思い切り飲んで何故か回復するヨルさん(母)可愛い。
銃弾うたれても死なないところが相変わらずバケモノです。

本編でも、父と母はもっとイチャコラして良いと思うんですよ。
アーニャの学校での立ち振る舞いがミッションの重要な部分ですが、家族設定維持のためにもっとデート重ねてほしいです。




●ミタマセキュ霊ティ
 code8/芽生えろ恐怖心!
 code9/除霊スポットへ行こう

Boichi先生2話同時掲載の直前に本作が2話同時掲載です。
ハゼレナが例に対して警戒心をなくしていってぶっ飛んでいく展開がかなり面白いのでそちらをもっと推進してほしいところでした。
この世界の霊、無害な存在ばかりですからね。休日に霊と一緒に遊園地行くくらいのことをしでかして欲しかった。

ですが、ミタマさんがハゼレナに恋愛感情もっていく方針で進めていくらしいです。
これが吉と出るか凶と出るか……。




●ぼくたちは勉強ができない(単行本購入済)
 問132.薄明に水辺の君はやがて【x】に漕ぎつく

二つの意味での「さみしい」。
明確な感情を成幸が持ってしまいました。
これ、かなりうるか寄りになっているんじゃないですかね。
女性キャラと接して照れることはあっても、離れることや勉強を教えなくても良いほど成長してしまったことに対してさみしいと思ったのはうるかが初めてです。

逆を言えばもっと近くにいて助けてやりたいってことですもんね。
もうそれは恋ですよ、恋。
がんばれうるか、もう一押しだ。
文乃も頑張れ、今ならまだ間に合うかもしれない!




●呪術廻戦(単行本購入済)
 第80話 宵祭り

何このロボット大戦! 滾る!
メカ彦がミワちゃんに対して特別な感情を抱いていることもわかって良かったです。
なんとかして生き延びてほしいですが、天与呪縛の蓄積年数をかなりハイスペースで使ってしまっていることが気になります。
1発で1年ですもんね。
夏油まで保つのかこれ。



●夜桜さんちの大作戦
 作戦9:取り調べ

先週まで数話に渡ってヒロイン救出劇をしていたのに、今回の話であまりそこに触れないのはどうなんだろうと思いました。
いまいち本作のゴールが見えていないんですよね。
ヒロインを生涯かけて助けることがゴールなはずなのに肝心の主人公とヒロインがあまり絡まないんですよ。
思えば主人公とヒロインの2人だけの話が1話分もなかった気がします。

おまけにまだ家族の掘り下げもしていないのに新キャラ登場……
ううむ、物語全体の構成に難ありな気が……。



●サムライ8 八丸伝
 第23話 それが何の役に立つ!

「黙」マスクさん、「黙」という文字に反してかなり丁寧に情報提示してくれました。

・戦闘では姫がまず狙われる。だから姫を守らなければならない。
・姫を失えば侍は力を失う。

この世界における戦闘の戦略を非常にわかりやすく伝えてくれました。
もっとこの人出てくれ。
名前すら開示されていないところがすさまじいですが。

八丸は格闘ゲームを元に戦闘の先読力を強くするという展開に。
それをするならばこれまでの戦闘でも片鱗を見せてほしかったなあと思います。
伏線がないと唐突なパワーアップを受け入れにくい。




●ゆらぎ荘の幽奈さん
 ♨180 ヘロウィーンな夢咲先生

温泉マークって「温泉」って打てば変換先に簡単に出るんですね。知らなかった。

本編はエロ微増のハロウィンでした。
最後にしっかり夢咲先生が各方面に謝罪しているところが本作らしくて良いです。




●トーキョー忍スクワッド
 第20話 明かされた真実

ボス、お前かよ。
何で腐った魚の売人をしていたんだろう。
カモフラージュにしても腐った魚を売る意味が分からない。



●神緒ゆいは髪を結い
 第31話 愛は死なない(ラブ・ネバー・ダイズ)

サブタイトル、信じられないくらい攻めていて面白かったです。
何だこのフリガナ(笑)

本編も勢いがあってよかったですね。
復活したSPに対して蹴りをいれるのはわかりますが、容赦なくナイフを連続突きするスケバンに爆笑しました。
味方陣営の戦闘手段とは思えない(笑)



●ビーストチルドレン
 第21話 相手がいるから

W杯、負けてしまいましたね。相手が悪い。
初のベスト8というだけでも最高でした、お疲れさまでした!



●ふたりの太星
 #22 この世代

将棋漫画でコピー能力者ってあまり見かけないですね。





今週のトップ3
1.鬼滅の刃
2.SPY×FAMILY
3.呪術廻戦


書ききるのにかなり時間がかかってしまいました。
それだけ今回は面白い回が多かったです。
以上!


urikado at 16:10│Comments(0)ジャンプ感想 | 漫画

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
週刊少年ジャンプ46号 ハイキュー!!が衝撃展開過ぎた感想まとめ #wj46バチェラー・ジャパン シーズン3の衝撃的な結末を目の当たりにして女性陣と同じように唖然としたネタバレあり感想まとめ