MBS音祭 2019 に参戦して日向坂46やEXILE SHOKICHIなど様々なジャンルのグループを満喫した感想×感動まとめ漫画紹介 第7回『恋するワンピース』

2019年10月07日

週刊少年ジャンプ45号 鬼滅の刃の次男が強すぎて長男が嫉妬しても仕方がない間にアクタージュのヒーロー登場に盛り上がった感想まとめ #wj45

関連記事 ジャンプ感想44号 ONE PIECEの情報量半端じゃない感想まとめ


皆さんこんにちは。ウリカドです。
ジャンプ感想をしっかり確保できて良かった月曜日です。
仕事の方はこれから忙しくなるので今のうちにという感じですが、最近は私生活の方も忙しくなってきております。
人間関係のいざこざ私生活の方にも出てきているんですよ……。
なんか、上手くいけば一本の物語描けるんじゃないかというくらいのごちゃごちゃっぷりです。若干のストレスが日々蓄積されております。
まあそういうところをジャンプやライブや飲みで清算できているので今のとこは大丈夫です。今後が心配。




というわけで、以下、週刊少年ジャンプ45号のネタバレ含みます。
ジャンプ本誌掲載順に感想をまとめます。


また、単行本購入するほど好きな作品ということを示すため、タイトルの横にその旨記載してます。




●約束のネバーランド

実写化決定、おめでとうございます。
咲然り、賭ケグルイ然り、浜辺美波さんが漫画の実写化作品に出ていれば大抵上手くいくセオリーがあると思うのですが、約ネバの場合は作品設定をいじってしまうんですね……。本作で年齢をいじるのは大分リスキーな気がします。
浜辺美波さんの演技が素晴らしかったのは言わずもがなですが、監督に原作へのリスペクトがどれも感じ取れたことが上手くいった要因の一つにも思えますからね。ひとまず様子見でいこうと思います。クローネに期待。


本編はというと、ノーマン闇堕ちからの救済です。
正直、もっと話数かけてもよかったと思います。それこそノーマンの葛藤回想に1話分使ってもお釣りがくるくらいの場面かと。
まあ本作もクライマックスに向けて爆走中ということでしょう。
最後までしっかり見届けさせていただきます。




●鬼滅の刃
鬼滅の刃の単行本購入には二の足を踏んでいるくせに、吾峠先生の短編集は購入いたしました。
デビュー作が鬼滅の刃の原型になっているとは思いも寄りませんでした。
本誌掲載時から吾峠先生の短編が好きだったので、何度も読み返すことになると思います。


本編はというと緑壱が強すぎてドン引きです。
生まれた時から痣が発現しているって異常でしかありません。
そりゃ痣発現しているにも関わらずご老体になるまで生き永らえますよ。最強すぎる。

本作長男が頑張って次男が残念な目に逢うことが多いですが、この双子に関しては完全に真逆ですね。

上弦の壱、これは嫉妬に狂って鬼になっても仕方がない気がします。



●僕のヒーローアカデミア(単行本購入済)
無茶苦茶わかりやすい暗号ですね!
こういう時の暗号って「現実だとこんな都合よく解読できないだろう」と思うことが関の山なことが多いのですが、今回は異様にわかりやすくて素晴らしかったです。
エンデヴァーでもちゃんと気付けるという説得力がありました。そしてこれなら多分私でもわかる!

ホークスの有能っぷりにより、連合の動きが筒抜けです。
4か月後に本格的に動くということが判明しました。明確に時期が指定されるのは本作では初めてなのではないでしょうか。
それなりに長い期間ですので色々まだまだあるのでしょうが、いよいよ終わりが近づいてきている気がします。




●Dr. STONE(単行本購入済)
ゲンの狙い通りに事が進んでいる様子をみて、モズが地味にゲンを認めてきている様子が微笑ましいです。なんやかんや味方になってくれそうで心強い限り。

そして、とうとうストーンワールドに拳銃が誕生してしまいました。
元警官の陽を石化解除という展開も理にかなっています。
アマリリスの色仕掛けも機能して、各キャラの魅力が存分に発揮されていて何よりです。
ただ陽がノーコンという弱点を隠してしまったのはかなり気になりますね。あとあと肝心な場面で響いてきそうで怖いです。



●ONE PIECE(ドレスローザ編まで購入済)
光月おでんがシルエットにて登場。
ゴールドロジャー海賊団に無茶苦茶好かれていますね。
超重要キーマンであることがひしひしと伝わってきます。

そして決戦の地に、なぜか誰も参戦してきません。
オロチの策略が勝ったような引きですが、バラバラに位置するルフィ一味が誰も集まらないようにするって何をどうしたんですかね。
考察力がない上に次号休載という点が悲しすぎます。早く次の話が読みたい。




●ぼくたちは勉強ができない(単行本購入済)
二次試験を控えているとは思えないほどのゆるゆる回でした。
センター試験直後なんですよね……?
先生と文乃の仲が進展したのは良かったですが、もう少し入試に本気になってもらいたいところです。

次回は先生と理珠の関係性を進展させるんですかね。
なんかそんな気がします。






●呪術廻戦(単行本購入済)
LINEスタンプ、購入しました。
全40種類、全て書き下ろしという点が最高です。ナナミンの「労働はくそ」というスタンプを頻繁に使っております。


本編。
正直言うと、夏油というキャラにこれまで好印象を持てていなかったんですよ。
大きなことを言ってはいるけれど所詮五条悟にはかなわないだろうという感じで、感情移入が出来ていませんでした。
この過去編で信じられないくらい感情移入してしまいました。
大きな出来事一つで危うい思想にたどり着いてしまったのではなく、様々な要因の蓄積により今に至ってしまったという流れが素晴らしいです。
悪役に魅力をつける手法は様々ですが、作中最強キャラの成長を描きつつ、過去編で丁寧に魅力を演出するという流れ……流石呪術廻戦。一生LINEスタンプ使い続けます。



●ハイキュー!!
主人公チーム、しっかり、負けましたね。
これは日向影山2年生をやる流れですね。
進級=3年生組卒業後、再び大会制覇を目指すという展開、ジャンプでいまだかつてあったのでしょうか。
別誌ですと弱虫ペダルが有名ですが、3年生組いる状態で優勝してますからね。
敗北からの卒業からの再チャレンジ。すさまじい挑戦かと思いますが、本作ならば必ず面白くしてくれると信用しています。


●サマータイムレンダ(出張読み切り)

田中先生、上下巻で無念の打ち切りだった『鍵人』以来の週刊少年ジャンプ掲載ですかね! おめでとうございます!
それだけの面白さが本作にはあると思います。展開が毎週読めなくて本当に面白いんですよね。
今回も出張読み切りながら、影との戦闘をしっかり描かれていて、魅力がはっきり伝わる内容になっておりました。
ジャンプ+連載中の本編はクライマックス真っ只中です。全身全霊で楽しみます。



●2.5次元の誘惑(出張読み切り)

ネット上では本作の作者に関して諸説ありますが、私はそんなの関係なしに本作を楽しむことにしております。
オタク文化という、どうしても残念な雰囲気になりやすいところを、上手く青春作品として昇華していて好感のもてる作品です。
ジャンプ+本編では恋敵も出てくるのですが、その恋敵も憎めない可愛いキャラなんですよ。キャラの好感度という点で本作ほど突き抜けていることはなかなかないと思います。




●ブラッククローバー
ゴードンの家族構成、癖が強すぎですね(笑)
縦軸を進めつつ、ゴードンのキャラを深めるという抜け目のない回でした。




●夜桜さんちの大作戦
家族それぞれのキャラを深める回をぜひともやっていただきたい!
特に二刃!
何故この服装を貫いているのでしょうか。間違いなく理由があると思うので、そこをいち早く掘り下げていただきたいものです。



●アクタージュ(単行本購入済)
掲載順位が若干低めです。
夜凪の怒りは読者をも引かせてしまったのでしょうか。

そんな不安を軽く吹き飛ばす王賀美に心底ほっとしました。
この演出、無茶苦茶カッコいいですね。
花子さん演出、人としてどうかと思いますが最高だと思います。



●ミタマセキュ霊ティ
子どもの幽霊、可愛かったです。
本作は基本的に幽霊が可愛くて良い。
タピオカを買えた時、一緒に喜んでいる様子が至福でした。
全作『剥き出しの白鳥』の師匠みたいな可愛げがあります。




●チェンソーマン
天使の悪魔はナチュラルにド畜生ですね。
冷静に人を滅ぼしたいと考えている様子がぶっ飛んでいます。

天使の悪魔、チェンソーの悪魔に加え、台風の悪魔が参戦です。
混沌と化してきました。



●ゆらぎ荘の幽奈さん
最近変化球が多かったので、今回は真っ当なエロコメで安心しました。
何故にエロコメで安心するんだほんと。
それでいて修学旅行編のフォローをしっかりするところが抜け目ないなと思います。



●神緒ゆいは髪を結い
列車の中での戦闘×生配信×元々身体能力が高いSPが敵……
いや要素無茶苦茶多いな(笑)!

カーラがちゃんと可愛いところも良いと思います。
勢いってやはり大事ですね。ほんと最近の本作は読んでいて面白いです。



●サムライ8
全単行本に紹介冊子をつけるのは悪手でしたね。
私も今月5冊購入したのですが、紹介冊子、もれなく捨てました。申し訳ないです。

八丸がもうプッシュされ始めましたね。
全員八丸が大好きです。
読者である私も早く好きになりたい。



●ふたりの太星
な、何をしているんだ……何を描きたいんだ……・


●トーキョー忍スクワッド
忍びたるもの、行商人に助けられていてはダメでしょう。


●ビーストチルドレン
血と書いてボールと読ませるセンス、なかなかポエム味があります。




今週のトップ
1.鬼滅の刃
2.アクタージュ
3.呪術廻戦


今週は決めにきている回が多くて楽しかったです。
以上!



urikado at 23:39│Comments(0)ジャンプ感想 | 漫画

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
MBS音祭 2019 に参戦して日向坂46やEXILE SHOKICHIなど様々なジャンルのグループを満喫した感想×感動まとめ漫画紹介 第7回『恋するワンピース』