2019年08月

2019年08月26日

週刊少年ジャンプ39号 『ポロの留学記』権平先生の新連載がなかなか面白かった感想まとめ #wj39

前回の記事 ジャンプ38号簡易感想まとめ


皆さんこんにちは。ウリカドです。
前回は簡易感想という形でまとめてしまい申し訳ありませんでした。
3日間の出張、色々ありましたがなんとか終わりました。
出張後の初出勤だったのでどうなるかと思った今日も滞りなく終わって良かったなあという状態です。ゆったりと感想をまとめられるって良いですね。平和って素晴らしい。



というわけで、以下、週刊少年ジャンプ39号のネタバレ含みます。
ジャンプ本誌掲載順に感想をまとめます。

また、単行本購入するほど好きな作品ということを示すため、タイトルの横にその旨記載してます。



●夜桜さんちの大作戦(新連載)
大変失礼ながら、「意外と面白かった」というところが大まかな感想になります。
前作『ポロの留学記』が無味乾燥な作品で何もひっかかるところなかったんです。それゆえの2巻打ち切りとなってしまっていたので「今回もどうせ面白くないのでは」という低いハードルからのスターでした。
そしたら意外や意外、コメディ作品として見ごたえのある作品だと思います。
冒頭は「じゃんけんで負けたやつが、遊びの誘いを断りがちな主人公に誘いに行く」というおおよその常識が通じないシチュエーションを展開をしてはいました。
ここでさらにハードルが下がったのでしょうか……ヒロインはちゃんとかわいいし、主人公以外にも準主人公のシスコン兄ちゃん含め、夜桜家のキャラクターがしっかりたっています。アクションもかなり派手目になっており、戦闘シーンも楽しかったです。
懸念点があるとすればジャンプ+で尋常じゃないくらい売れている『SPY×FAMILY』とスパイものとしてはジャンルが被っているところくらいでしょうか。ただキャラも戦闘シーンも差別化はしっかりできていると思います。
単純なコメディ作品って現在のジャンプ本誌では被っている作品がないので、案外台風の目になるかもしれません。今後に期待です。




●鬼滅の刃
全員死亡フラグが半端じゃないですね……。
特に弦弥は闇落ちフラグさえあります。無惨の声が聞こえるって、鬼に近づきすぎていますからね。このまま無事で終わるとは全く思えません。
また、上弦の壱の刃が真の姿を現しました。七支刀に尋常じゃないくらい似ていますね……。悲しい展開につながりそうです。



●ONE PIECE(ドレスローザ編まで購入済)

まさかの過去編でした。
キツネが化けて弁慶として墓を守っていたということですね!
なるほど、これであっているのでしょうか!
ワノ国、単行本でまとめて読みたいですね。ワノ国初出キャラの情報が錯綜してついていくのが大変です。
また、ゾロの刀アップグレードイベント発生です。カイドウに傷をつけた刀っていうワードだけでわくわくが止まらないですね。
名刀「閻魔」、登場が楽しみです。




●Dr. STONE(単行本購入済)
問題発生からの解決がテンポ良すぎて末恐ろしい!
カセキの石像が掘り出せないと判明した直後に大樹をまず復活させるという機転が素晴らしいです。
農業以降陽の目をみていなかった大樹にもしっかりスポットが当たって最高でした。
千空の相棒はやっぱり大樹なんだなと改めて思いました。



●約束のネバーランド
最近の展開に全くノれない理由がわかりました。
鬼の区別がついていなさ過ぎて、鬼世界の内政にほとんど興味がわかないっぽいです。
女王と将軍の区別すらつかない。どうしようもない。


●ハイキュー!!
日向が最終的になりたいと思ったのは「最強の囮」でしたか!
小さな巨人対決という枠組みなんてなんのそのという日向の心境変化が最高に面白かったです。この局面でこの心境変化を描けるのはやはり凄まじいですね。
日向のこれからの成長が楽しみです。


●呪術廻戦(単行本購入済)
伏黒父、ありえないほど五条悟を殺してました。
ここまでやられておいてどうして現代の五条悟はぴんぴんしているのでしょうか。過去編で描かれている人物と現代の人物は別人くらいのオチがないと成立しない気がします。

過去編を描く上でメタ的に厄介なのは「現代で活躍しているキャラは絶対に死なないという確信があること」だと認識していたのですが、本作はそれを逆手にとっていますね。
単なる王道・邪道の枠組みにとらわれないところが本作の魅力だと思います。

理子ちゃんもあっけなく死んでしまいました。
伏黒父、徹底的に残念な目に遭ってほしいものです。


●僕のヒーローアカデミア(単行本購入済)
異能解放軍を取り込んだ敵連合の新たなる名前は「超常解放戦線」になりました。
敵連合がしっくり来ていたのでなんだか違和感が半端じゃないです。慣れていくことを願っています。
ホークスも無事潜入が続いております。モブ敵にしっかり認知されているのが何か面白かったです。
速いことを信条とする男が「遅かった」と悔やんでしまう、「超常解放戦線」の誕生。ヒーロー側が勝てるイメージ、湧かないのがまずいですね。今エピソードを通して進化した「崩壊」「分裂」「変化」というコピーだけでも脅威だったのに……。今後どう動くのか、不安半分楽しみ半分です。
それはそうとリデストロの異様な変わり身に爆笑しました。両手をこすりすぎて湯気出るって無茶苦茶面白い表現ですね。



●ブラッククローバー
悪魔というだけで裁判にかけられるだけならまだしも、マリーちゃんを人質に取られることには立ち止まっていられないという描写がいかにもアスタらしくて安心しました。
勢いよく立ち向かってほしいところです。



●ぼくたちは勉強ができない(単行本購入済)
理珠回。
相変わらず「受験生が余裕ぶっこいてラブコメってんじゃねえよ」と突っ込みたくなる内容でした。しかし、これまでの理珠回の中で一番良かったかもしれません。恋心を自覚した理珠の魅力が全面的に押し出されていたからでしょうか。シンプルにかわいさ満点な展開ばかりでした。
理珠、侮れんな……。



●チェンソーマン
未来視の力をもっていても押され気味なゴーストとの戦闘が早めに終わったのは意外でした。
姫野先輩の助言のおかげですね。
姫野先輩、本当に良いキャラだったなあ……未成年には酒もタバコも絶対させない常識人なところが良いです……。

そして真打、コベニちゃん登場。命と金を天秤にかけて金を選んだ女です。ちゃんとくるっていますね。引き続きよろしくお願いします。


●アクタージュ(単行本購入済)
私、文化祭編、結構好きだったんですよね。
銀河鉄道の夜編でしこたま成長した夜凪のミッションが「普通の友達を作る」ということで、華々しい展開こそなかったものの、夜凪に必要な成長をきちんと補填していたのがうれしかった覚えがあります。
それが今回でしっかり活かされていて感動しました。アクタージュは作品全体の構成力が素晴らしいです。映像研の三人、もっと出てきてほしいものです。


●神緒ゆいは髪を結い
ガチガチの能力バトルを展開していて若干引きました。
音で洗脳するタイプの能力者に対して「違う大音量を出してかき消す」みたいな解決法をとったことにも驚きです。何十年前の能力バトルの解決方法なんだ……。
エビちゃんの太鼓ドンドンはかわいかったです。


●ボーンコレクション(読み切り)
無茶苦茶面白かったです!
読み切りという枠組みの中で、作者がやりたいことが詰め込まれていた印象でした。作画面はまだまだ難ありでしたが、がしゃどくろなヒロインもそんなヒロインが大好きな主人公も、しっかりキャラが立っていました。
それでいて骨の部位毎に能力が違うという設定が最高でした。次にどんな能力が出てくるのか楽しみな上に、敵を倒したらその能力を自分のものにできるという圧倒的わくわく感にも自然とつながっていました。
ボーンコレクション、本連載にならないかな……かなり好きな部類の作品でした。


●ゆらぎ荘の幽奈さん
メインヒロインのガチムチTSというすさまじい展開……。
誰も得はしない展開ではありましたが、すさまじいものをみたなという一種の満足感はありました……。
そしてきちんとコガラシ君の魅力向上につながるところが素晴らしいです。


●サムライ8 八丸伝
ここにきてさらに設定を追加してくるって正気か!?
説明描写の前半で、後半を読む気がそがれてしまいました。NARUTOの悪いところを煮て詰め込んでもここまでの惨状にはならない気がします。
順調に順位も落としてしまっていますね……大逆転をどこかではかってもらいたいです……。


●トーキョー忍スクワッド
本当に申し訳ございません、ギブアップです。
と、言おうとしたら、今シーズンでの打ち切りは免れているという……
詳細後述します。


●ふたりの太星&ビーストチルドレン
今週のジャンプには増刊号のジャンプGIGAの宣伝が掲載されています。
本誌掲載作品として若手連載人の出張読み切りの掲載が予告されているのですが、この二作品、その中にはいっていないんですよね……。
どう考えても近日中に打ち切りという悲しい状況。
ふたりの太星は将棋以外のゲームでキャラ立てしようとしているし、ビーストチルドレンは1回戦でライバルと対戦という悲しい展開です。
両作ともに、最後までしっかり見届けようと思います。



今週のトップ3
1.ボーンコレクション
2.呪術廻星
3.アクタージュ


今週号は新連載・読み切り含めて勢いがある展開が多くて楽しかったです。
以上!







urikado at 20:35|PermalinkComments(0)ジャンプ感想 | 漫画

2019年08月20日

週刊少年ジャンプ38号 最後の西遊記完結! 野々上先生お疲れさまでした簡易感想まとめ #wj38

前回の記事 ジャンプ36・37号感想

皆さんこんにちは、ウリカドです。
明日から3日間出張かつ朝が早いので一部作品のみ&短めの感想をまとめようと思います。長期休暇明けに3日間連続の出張をいれるとか、本当どうにかしてほしい弊社……



というわけで、以下、週刊少年ジャンプ35号のネタバレ含みます。
ジャンプ本誌掲載順に感想をまとめます。

また、単行本購入するほど好きな作品ということを示すため、タイトルの横にその旨記載してます。




●鬼滅の刃
痣が出たものは25歳で死亡ですか。
命を削る技というのは他作品でもよく出てきますが、ここまで短命を宣言されるのはあまり見ないですね。『うえきの法則』の「理想を現実に変える能力」よりもえぐいかもしれない。

と思ったら例外も居るんですね。
是非全員例外になってほしい。



●僕のヒーローアカデミア(単行本購入済)
死柄木の個性、成長しすぎですね。
制限範囲があるとはいっても街一つ崩せるのは広すぎます。
デストロとマキアを同時に屈服させるというカリスマ性も発揮。
どうしよう、今のデクが勝てるイメージが全くわかない。




●呪術廻戦(単行本購入済)
対呪術師特化ということで、呪力無し肉体全振りの伏黒父です。
加えて術式キャンセラーの呪具はとんでもないですね。

過去編ですので五条悟が生きていることは間違いないのですが、何らかの代償を払って生存している気がします。現代の五条悟はあれほどの強さながら何か制限がかかっているのでしょうか。




●チェンソーマン
癖のある新キャラが続々登場です。
魔人2人に悪魔が2体です。
暴力の魔人が一番まともなのがなんか面白かったです。

早パイはというとゴーストと対峙です。ほんとこの人はろくな目に逢わないな。幸せになってほしい。


●アクタージュ(単行本購入済)
千代子の圧がすさまじいですね。
実質これはデスアイランドの続編のような気がしてくるくらい、千代子と夜凪の対立に関して見応えがあります。それでいてアラヤと王賀美、演出二人の対立も残されています。舞台が楽しみです。




●最後の西遊記
完結! お疲れさまでした、野々上先生!
個人的にはスタイリッシュ如意棒バトルがかなり見応えがあったり、主人公や敵キャラに魅力があって推していた作品ではありましたがあえなく短期連載に。
展開が遅かったことと、説明描写が多かったことがその原因でしょう。
元々長期連載を見据えて小学校時代からスタートしたのも悪手だったかもしれません。最後の戦いに挑む成長した主人公、普通にかっこよかったですしね。
地味にしげちゃんが戦闘要員に加わっているのも興味深かったです。色々練ってから連載に挑んでいたことは間違いないですが、最初は怒涛の展開をみせてほしかったというのが正直なところでした。

それでも如意棒の戦闘シーン含め、演出が光っていた作品だったと思います。
最後のページの見開きホームラン、圧巻です。こういうスカッとする演出をもっと魅せてほしかったなあというところです。

前作『無刀ブラック』よりは話題になった作品と思います。
次回作、無茶苦茶楽しみにしています!



以上です!
少なくてすみません、来週は通常通り全作の感想まとめます!




urikado at 23:19|PermalinkComments(0)ジャンプ感想 | 漫画

2019年08月17日

GReeeeNと不思議の管 ~配水の人~   顔出しNGバンドのライブでも無茶苦茶楽しかった感想×感動まとめ



皆さんこんにちは。ウリカドです。

GReeeeN全国TOUR in 名古屋 『GReeeeNと不思議の管 ~配水の人~』に参戦しました!

FullSizeRender



GReeeeNといえば歯医者を兼業しており、顔出しNGで有名なバンドです。
そんな彼らがどんなライブを展開するのかも含めて感想をまとめます!

目次
●顔出しNGバンドのライブ手法
●盛り上がりつつ、健康面を含め安心安全なライブ
●ライブ外でも盛り上がれる!



●顔出しNGバンドのライブ手法
IMG_0015



前述の通りGReeeeNは顔出しNGです。
ライブ中に姿を現すことが出来ません。
それゆえ、GReeeeNのライブでは、4人が別途ライブをした映像をシルエットに編集した状態で流れます。
端的にいってしまうと、ライブビューイングに近い形式になります。
ただ、単なるライブビューイングではありません。演出がかなり凝っており、ダンサーも多数登場します。
その場にGReeeeNが居ないながらも、最高に楽しめるライブになっているのです。
この形式、覆面バンドのライブを観客が楽しめるのも良い点ではあるのですが、GReeeeNサイドにとってもかなり良い形式だと思います。
本人達が移動したりリハーサルをしなくても、その映像を繰り返し流せば良いというコスパが良い作りです。
この形式を思いついた方、凄まじいです。
それでいながら会場毎でしか味わえないイベントもありますので、その時その場所でしか楽しめないコンテンツになっています。
ちなみに裏話に近いのですが、映像が主体のライブですので会場の中央あたりで参戦するのがオススメです。
テープ発射や紙吹雪みたいな演出もありますので、それらをゲットしたい場合は前で観ることをオススメします。




●盛り上がりつつ、健康面を含め安心安全なライブ
FullSizeRender


今回のテーマは「配水工となったGReeeeNが配水管を修理していく」というストーリー仕立てになっていました。
実は私、昨年度も参戦をしたのですが、その際には「鬼ヶ島にGReeeeNが退治しにいく」というストーリー仕立てになっていました。
映像ですのでMCが難しいことを考慮した演出ではあるのですが、このストーリーをすすめるために少し長目のインターバルを擁します。更に、今回は「STAGE」、昨年度は「桃太郎のストーリー」ということで、今どれくらいライブが進んでいるのかがわかる仕組みになっています。
これらにより、子供から年配の方まで、体力を気にしながら全員楽しめるライブになっているんです。
今回、私は父と一緒に参戦しました。60代の父親ですが、「歌って飛び跳ねながらも余裕で楽しめるライブ」と絶賛しておりました。



●会場外でも盛り上がれる!


GReeeeNのライブの魅力は会場外にもあふれています。
撮影スポットが複数箇所設置されています。

IMG_0020
FullSizeRender





メンバーのサインが並んでいたりもします。

IMG_0024
IMG_0028



こんな楽しみ方もあります。
老若男女誰しもが楽しめる、素晴らしいライブです!


以上になります。
来年も家族で参戦します!


2019年08月13日

ROCK IN JAPAN2019 8月11日 UVERworldでガチ泣きしてしまったロッキン感想×感動まとめ

前回の記事 ロッキン 8月10日

皆さんこんにちは。ウリカドです。
前回に引き続きロッキンフェスに参戦した感想をまとめます。

IMG_2820


2日目は全ての時間を「GLASS STAGE」に集中させ、移動時間を完全になくしました。何故かと言いますと、2日目ということで移動の体力なかったからです!

ももいろクローバーZ
●KEYTALK
●Mrs. GREEN APPLE
(●きゃりーぱみゅぱみゅ)
[ALEXANDROS]
マキシマムザホルモン
●UVERworld



ももいろクローバーZ(GRASS STAGE)

正直言いますと、あまり本気で参戦しようとは思っていませんでした。

2日目ということで疲れがかなり溜まっており、「GRASS STAGEの端でゆっくり聴こう」という意気込みでの参戦でした。

結果、全力で腕振って飛び跳ねていました。まさかここまで勢いがあって楽しいライブを提供してもらえるとは思わなんだ……

4人のメンバーがいますが、個人的にはピンクのあーりんが好きです。一人一人の紹介曲があるのはわかりやすくて良いですね。

あと、高城れにというメンバーが自己紹介にて「26歳です。意外と歳、いってます」と発言したのが面白かったです。あけすけなのって良いですね。

モノノフの友人がいるので、彼とともにワンマン参戦しようと思います。



●KEYTALK(GRASS STAGE)

冒頭からメインボーカルがビールを飲み始める破天荒ぶりを発揮していました!

1時間のライブで2杯飲んでいましたが、酔うことなく最高のライブでした。酒飲みながら仕事出来るって本当に素晴らしい!

まあそんなことはさておき、KEYTALKに関しては数曲知っている程度の状態でした。

それゆえ、彼等がダブルボーカルであることすら初めて知りました。

入れ替わりでボーカルが入れ替わるので飽きることなく勢いがどんどん加速していくタイプでした。

それでいてかなり踊るタイプの曲が多いため、無茶苦茶楽しいライブでした。アルバムの告知していたので躊躇うことなく予約注文しました。アルバム届くのが楽しみですね。



●Mrs. GREEN APPLE(GRASS STAGE)

5人男女構成という、2日間でみた中では人数的に多い方かつ珍しいタイプのバンドでした。

KEYTALK同様、数曲しか知らない状態での参戦です。

ただ、事前の状態ではKEYTALKよりも好きな部類のバンドでした。声質も曲調もかなり独特なんですよ。彼等にしか描けない世界観で楽しませてくれる、良いバンドだなあと思っていました。

バンド自体もかなり良かったです。「曲を知っていないと振りに合わせられない」ということも多々ありましたが、彼等が全く媚びていなかった故と思いますので、逆に好きになってしまいました。

夏が始まった合図ということで「青と夏」をラストの曲に配置するという、盛り上がるセトリで最高に楽しかったです。

アルバムの告知あったのでKEYTALK同様予約注文しました! 単純な観客ですね、全く。



(●きゃりーぱみゅぱみゅ(GRASS STAGE))


シートゾーンで休憩しながら遠くでみていました。可愛いし盛り上がるしキャッチーだし、いろんな要素がちりばめられているライブだったと思います。

この二日間で唯一ダンスの振り付けを教えるパートと、タオルを振り回す曲を披露していました。他のライブではなかった要素でしたのでかなり楽しめました。




[ALEXANDROS](GRASS STAGE)

とにもかくにもボーカルがオシャレかっこいい!

汗にまみれて髪型を変えまくるところが本当に自信ある人じゃないとできないなと思いました。

ボーカルがステージ場をとにかく走り回っていて、サービス旺盛でした。近くにいた女性ファンの方々の黄色い声援が印象的です。

名曲「ワタリドリ」もセトリのラストに配置してくれて、あまり知らない観客に対しても親切なライブだったと思います。



マキシマムザホルモン(GRASS STAGE)


GRASS STAGEを焼け野原に変えやがりました……!!

各曲で、熱狂的なファンがサークルを作って暴れまわっていました。モッシュはしていなかったのでルールにはギリギリ反していないのですが、サークルが発生した唯一のバンドだったため、ついていくのが非常に大変でした。

ただ、MC含めて常時楽しい空間だったのは間違いないです。

序盤から「きゃりーちゃんで[ALEXANDROS]で、その次マキシマムザホルモンってどういうことだよ!」と他アーティストをいじり始めていました。

挙げ句の果てにメインボーカルの方が[ALEXANDROS]の衣装を着て、「どうも、

[ALEXANDROS] です。主食はワタリドリです」と叫び出す始末です。

「次がラストの曲です」と発言をし、観客が「えー」と叫ぶと、「ちょっと、それって、」という発言をしていました。これはですね、岡崎体育という最近さいたまスーパーアリーナで単独公演をしたアーティストのお決まり事です。

「ちょっと、それって、」に続いて観客が「どっちの『えー』」というお決まり事なのですが、肝心の認知度がまるで足りておらず、見える限りだと私含めて10人くらいしか対応できていませんでした。他のアーティストのお決まりごと、やらないでくださいよ(笑)


という感じで、MC含め、かなり盛り上がった圧巻のライブでした。

おそらくワンマンではダイブもモッシュも何でもありだと思うので、うん、フェスでたまにみるくらいがちょうど良い距離感ですね(笑)




●UVERworld(GRASS STAGE)

これまた正直なところ、そこまで楽しみにはしていませんでした。数曲しか知りませんし、2日間のラストかつマキシマムザホルモンで暴れた後だったので、体力の限界をとうに超えていました。

最後はおだやかに終わろうかなあと思っていたのですが、そんなふざけた思いを簡単にねじ伏せるほど熱いライブを展開してくれました。

1時間半、計14曲です。

唯一、ヒーローアカデミアのオープニングである「ODD FUTURE」は知っていましたが、それ以外の曲は全く知りませんでした。ボーカルの方がセトリの途中で予め「今俺たちが送れる最高の曲で盛り上げようと思う」と発言し、全く媚びていなかったことが何故か嬉しかったです。

一曲一曲の合間にとてつもなく熱いMCを展開してくれました。それが曲の前振りとして機能しており、言葉と歌で最上級の熱さを提供してくれていました。

また、他アーティストとのコラボも印象的でした。

AK-69と、なんとマキシマムザホルモンともコラボしていました。

前振りの時点で「え、え、嘘でしょ」とうるさく騒いでしまった自分をほんとなんとかしたいです。

マキシマムザホルモンとの恋のメガラバは本当に、最高に、盛り上がりました。

あらゆる手を使ってとことん楽しませる! そんな意気込みを垣間見ました。


また、彼らは結成当初、ロッキンの参加を断られていたそうなんです。その悔しさをバネに、いつかロッキンの「GRASS STAGE」でライブをすることを夢見ていたとのことでした。

彼らはそんな夢を叶えて、ステージに立っていました。

本当に楽しそうで、生き生きとしていて、熱量が半端じゃないステージだったと思います。いつのまにかガチ泣きしていて自分でも引きました。


ベストアルバム、買いました。絶対ワンマンライブに参戦します。



以上になります。

2日間のフェスというのがかなり大変でしたが、ライブ中はそんなことは微塵も感じない、最高の時間でした。今年の夏のピークは間違いなくロッキンだったと断言できます。

絶対に、来年も、参戦します!



2019年08月12日

ROCK IN JAPAN2019 8月10日 BUMP OF CHICKENが最高に熱かったロッキン感想×感動まとめ

前回の記事 ねごとLAST TOUR



皆さんこんにちは。ウリカドです。

今回は初参戦したROCK IN JAPAN FESTIVAL(通称ロッキンフェス)の感想をまとめます。


IMG_2760



ロッキンは今年で20周年ということで、過去最長の5日間開催でした。
総動員数は30万人以上! フェス史上最大の動員数とのことです。
私は5日間会った中で、そのうち8月10日・11日の2日間参戦しました。
それゆえ、本記事では10日目のみまとめさせていただき、次記事で11日目をまとめます。


10日は、計7バンドのライブに参戦しました。



ポルカドットスティングレイ
●SCANDAL
阿部真央
●BLUE ENCOUNT
●UNISON SQUARE GARDEN
あいみょん
●BUMP OF CHICKEN




ポルカドットスティングレイ(PARK STAGE)


IMG_2803


ロッキン一発目として、ロッキンの中で最大規模のステージであるGLASS STAGEのモー娘。とかなり悩んだのですが、ポルカドットスティングレイを選びました。
女性ボーカルで、残りのメンバーは男性というあまり類を見ない男女構成でした。唯一「すパラレルボックス」という曲のみ知っていたのですが、ほとんど情報を知らなかったのでどんな感じなのだろうと思っていました。
無茶苦茶カッコいいですね、このバンド。
特に女性ボーカルがカッコいいです。歌詞も高圧的な女性目線のものが多く、しびれる曲が多かったです。
今回、「パラレルボックス」はセトリに入っておりませんでしたが、それでもかなり盛り上がることが出来ました。




●SCANDAL(PARK STAGE)


ブリーチのED「少女S」や、鋼の錬金術師ED「瞬間センチメンタル」で知っていたバンドです。
「瞬間センチメンタル」がセトリに入ってはいたのですが、それ以外の曲はアルバム曲やライブで盛り上がる曲が多く、かなり攻めているセトリでした。
近くに居たファンの方曰く「初めて参戦した客に全然媚びていないセトリ」とのことでした。それ故にかなり盛り上がりました。
また、8月10日はメインボーカルの方の誕生日でした。31歳とおっしゃってましたが全くその年齢に見えないほど綺麗で、魅力的なバンドだなと思います。
余談ですが私と一緒に行った友人はロッキン終了直後、SCANDALのファンクラブに入りました。凄まじい行動力を生み出す、力強いバンドです。私もベストアルバム買いました。



阿部真央(LAKE STAGE)


IMG_2810



2日間合わせて唯一LAKE STAGEで観たアーティストです。
LAKE STAGEはステージの周囲に座れる段差があるんですよね。
そこでゆっくり観て休憩を仕様と思っていたのですが、阿部真央の歌が格好良すぎてすぐに腕を振ってしまっていました。
阿部真央の格好良さは観客も呼び込むようで、最初はステージキャパの三分の一くらいしか入っていなかったのに、3曲歌ったところでほぼ満席になっていました。
フェス名物である、観客に歌ってもらうというあおりをしたのですが、ステージ近くの人しか歌えず結局阿部真央が歌い始めるというシーンがそれを象徴していたと思います。決して悪いことではなく良いことだと思います。アニメ「消滅都市」のOPである「答」は本当に名曲だと思います。
ロッキン後、ベストアルバム買いました。




●BLUE ENCOUNT(PARK STAGE)



MCがとにかくカッコいい!
歌で伝えることをしながら、あふれ出る思いをMCにて私たちに伝えてくれました。
フェス名物で「リハーサルでセトリ外の楽曲を披露する」というものがあるのですが、「ただ突っ立て待つだけじゃつまんねーよな。本気のリハーサルします!」というかけ声と共に全力のパフォーマンスを披露してくれたりしました。
唯一知っていた「Survivor」も披露してくれて、ほぼずっと飛び跳ねていた最高のライブでした。
9月11日に代々木公園にてフリーライブをするそうです。平日ど真ん中のため参戦できないことが悔しすぎる。




●UNISON SQUARE GARDEN(GRASS STAGE)

IMG_2823


いわずとしれたライブバンドです。今回もベースの田淵さんが荒くれていました。
ユニゾンはフェスでは全くMCをしません。曲を中断するのは水休憩くらいで、ずっとパフォーマンスをみせてくれます。
結果、披露曲は1時間で10曲。二桁いくことはかなり珍しいので、単純に多くの曲を聴けて嬉しいです。
しかもユニゾンにしては結構媚びてくれたセトリで、「オリオンをなぞる」「シュガーソングとビターステップ」の両曲を披露してくれました。
オリオンは初めてライブで聴けたので過去最上級に盛り上がりました。知っている曲がくると「うおおおおお」と叫んでしまう自分のクセ、なんとかなおしたい。



あいみょん(GRASS STAGE)

あいみょん可愛い! となったステージでした。
カッコいい曲が多いのでクールなイメージだったのですがMCがかなりふんわりしていて、こういう一面を持つアーティストなんだなと、なんか感動しました。新曲披露の時に序盤が合っていなかったため、「お手柔らかに」とはにかみながら再度やり直していたのが逆に好印象でした。関西弁だったのも意外でした。関西出身なんですね、あいみょん。私、今大阪に住んでいるので親近感覚えました。
安定して盛り上がれるセトリで、あいみょんのライブに参戦できて良かったと思える内容でした。



●BUMP OF CHICKEN(GRASS STAGE)
大本命、バンプ!
人生初のバンプのライブ参戦です。
中学の頃からバンプが好きで、天体観測やカルマがカラオケの十八番です。最新アルバムも購入し、万全の体制で臨んだ結果、セトリの全ての曲を知っている状態でした。最高!
その上で「車輪の唄」「ガラスのブルース」など、昔の名曲もしっかり歌ってくれて、本当に幸せな時間でした。
ボーカルの藤君がかなりテンション高かったのも印象的でした。全曲終わった後も「お前らがいなかったらこのステージはないし俺らはここに立てていなかった」というような熱いMCを聞かせてくれました。一日目ラストにも関わらず全力ではしゃげて大満足なライブでした。


以上になります。
8月10日、最高の1日でした。これが最高の夏というものなんですね。これまで知らなかった自分を殴りたい。

という訳で、8月11日の感想に続きます!