KOYABU SONIC 2019  10年目に到達した小籔千豊主催フェスの2日目に参戦した感想×感動まとめBUMP OF CHIKEN aurora ark tour2019 名古屋1日目に参戦して最高だった感想×感動まとめ

2019年09月21日

週刊少年ジャンプ43号 ONE PIECEが怒涛の展開だった裏でアクタージュの女のいざこざがえげつなかった感想まとめ #wj43

関連記事 ジャンプ42号感想

皆さんこんにちは。ウリカドです。
二週連続三連休ということで二週連続土曜日発売のジャンプです。
先週は大阪で休暇を堪能しておりましたが、今週は出張とライブの関係で帰省をしております。実家で読むジャンプは気が緩みすぎて半端じゃない休息ですね。
明日はカラオケに温泉に焼き肉の予定というフルコースの予定です。
やっぱり私生活の方はほぼほぼ不満がないんだよな……仕事の方を早めに何とかしないと……。





というわけで、以下、週刊少年ジャンプ41号のネタバレ含みます。
ジャンプ本誌掲載順に感想をまとめます。


また、単行本購入するほど好きな作品ということを示すため、タイトルの横にその旨記載してます。





●鬼滅の刃

玄弥と時透君の次男コンビが縦と横にそれぞれ真っ二つになってしまった!
玄弥は鬼の再生力で復活の芽が残っていますが、時透君はもうこれは退場しかない気が……。
そんな死の瀬戸際にいる二人が決死の覚悟をもって最期の力を振り絞りました。それぞれが技を出し上弦の壱を固定させ、他メンバーにとどめの一撃を放ってもらうという最高の連携プレーでした。


首を破壊しましたが、上弦の壱は鬼を超えた存在になるのでしょうか。
これまでの傾向から鑑みるに、この世に未練があったら鬼を超えた存在になる感じですよね。
上弦の壱はそれほど未練がなさそうなのでこのまま撃破という流れになる気がします。





●Dr. STONE(単行本購入済)

この作品らしく、超絶速度で物語が展開されていました。
アマリリスの情報提供や石化からの数人復活のみならず、モズが科学王国に乗り込んだ上に結託のフラグさえ立てるという……この1話だけでどれだけ盛り込んでいるんだ。それでいて情報がすんなり入ってくるという構成力がすさまじいです。
大樹と杠にも出番がしっかりあったことが嬉しかったです。


●ONE PIECE(ドレスローザ編まで購入済)
サブタイトルは「ビッグニュース」ということで、情報更新の連続という回でした。
あまりにも多かったのでそれぞれ箇条書きします。


・アラバスタ王国で事件……?
・その上死者が出た? 革命軍の会話からサボが有力候補でしょうか。死亡とみせかけて行方不明となってワノ国参戦みたいな展開だと良いなあ。
・ドフラミンゴは相変わらず楽しそうで何よりです。
・CP0がワノ国参戦。 スタンピード並みにはちゃめちゃになりそうですね、ワノ国。
・王下七武海制度撤廃!? 海賊かつ賞金首に逆戻りですか。とんでもない決定ですね。まあでもクロコダイルとドフラミンゴにそれぞれ苦しめられていた王二人からの提案だったら仕方ないです。バギーが残念過ぎる(笑)
・女ヶ島は王下七武海の権力で成立していた島ですからね。ハンコックの立ち振る舞いに注目です。




●約束のネバーランド

人間側がようやく大活躍し始めました!
この勢いのまま突き進んでくれ!



●ブラッククローバー

シャーロットの姉さん、最高に可愛いですね。
女の力のみで武勇を成すを是とする騎士団のくせに団員のほとんどが恋愛力高くて面白かったです。ある意味団長の意向に沿っている最高の騎士団です。

氣の感じで感情が読み取れることと、アスタがノエルの気持ちを若干くみ取れていることが明らかになりました。
シャーロットの姉さん、アスタに一生背を向けて寝れないんじゃないか。
なんにせよデート成立おめでとうございます。




●ぼくたちは勉強ができない(単行本購入済)

結局そのままセンター試験受けるんかい!
いやいやいやいや、一回病院言っておいた方が良いですって。
センター試験って別日で試験うけられるからそっちに全力投下した方が絶対に良いですって。多少難しくはなりますが成幸君なら高得点取れますって。
先生にはその選択肢を提示してほしかったなあというところが正直な感想です。

いつも助けられていたヒロインズが土壇場で成幸を助けるという熱い展開ではありますが、ノイズが大きすぎていまいち乗り切れませんでした。残念。




●呪術廻戦(単行本購入済)

これにて五条悟が最強になり、今後は夏油の闇落ち描写が展開されることになるでしょう。
盤星教、最悪ですね。
五条悟が遺体を渡しにいったところ、一般教徒たちは五条悟が殺してくれたと勘違いしたまま拍手で迎えているんでしょう。笑顔で拍手ってえげつなさ過ぎるな。
これをきっかけに、夏油が人間に嫌悪感をいただいていきます。
呪霊の祓うたびに体に取り込む上に一人で行動する機会が増えれば闇落ちが加速するのもしかたがない気もします。

「どんな女が好みかな?」
今週ラストは現時点特級の一人である女性です。
夏油はどんな女がタイプなんでしょうか。「そんなのないですよ」的な発言をしてグーパンくらってもおかしくなさそう。というかこの女性が、夏油の闇落ちを後押ししてしまいそうな気がしますね。



●夜桜さんちの大作戦

コメディに振りたいのかシリアスに振りたいのかいまいちわからずいまいち乗り切れていないです。
縦軸ガンガン進めるのでシリアス寄りの作品にしたいんですかね。かの名作「青春兵器ナンバーワン」では縦軸を進めなさすぎじゃないかと自虐してましたが、コメディにふるならばあれくらいで良いんですよ。
今作はどっちに振りたいのかがわからず私もどう楽しめば良いのかわかりません。というか個人的にはコメディで頑張ってほしい。

ただ唯一、コメディパートで提示されていた「週刊スパイ」が機能していたのは最高に良かったです。敵も味方も情報もろばれですね。斬新。



●ハイキュー!!

「うちのスパイカーはちゃんと皆強い」
このセリフを日向退場直後に放つ影山が素晴らしいですね。セッターの鏡です。



●ミタマセキュ霊ティ

新キャラ登場。
討伐スキルは高いけれど霊感がないという設定です。
セキュ霊ティ会社、どういう基準でやってるねんと思いながら、呪術高専でもマキさんを入学させているのでなんともいえねえなあと思いました。
気を遣って霊の方から祓われに行く展開、腹抱えるほど笑いました。良いんだよ、こういうので良いんだよ。




●ゆらぎ荘の幽奈さん
狭霧が最高にかわいかったです。
この作品、ラブコメ方面でもまだやれることがあるんですね。
誅魔忍が忍具を髪飾りに使っている理由を明かしつつ、それを外すことによって心中を表現するという素晴らしい描写でした。
髪飾りに忍具を使っていたの、単なるキャラ付けだと思っていました、申し訳ないです。

髪飾り外した狭霧、もっと出てきてほしいです。
若干師匠に似ていて、こっちの方がコガラシ君は好きなんじゃないかな。



●ハケン侍(読み切り)

これならまだミタマセキュ霊ティの方がぶっとんでます。





●アクタージュ(単行本購入済)


映画部三人がわちゃわちゃしているだけで評価MAXになるくらいこの三人が好きです。
「いいよ吉岡! そういうキモイとこいいよ!!」というけなし言葉かつ誉め言葉が絶妙でした。

そんでもって夜凪の怒りは過去最高長に爆発しております。
花子さん、えげつねえな……。これが本当であれ嘘であれ波乱は免れないですね。できれば嘘であって欲しいと思いますが、この作品ですからね……嘘ではなさそうです。
女と女の争い、ドロドロすぎる。本当にジャンプ作品かこれ。左利きのエレン同様実写化してくれ。


チェンソーマン

マキマさん、シンプルにかわいいですね。
一日中映画をはしごするデート、良いなあと思いました。このデートを一緒に楽しんでくれる女性ってそうそう居ない気がしますよ……。
それでいて同じ映画に感情移入しちゃうの、うらやましかったです。



●サムライ8

ワールドトリガーだ! 三雲VS風間さんだ!
そういや今作はワールドトリガーと同じくSFで、どれだけ体破損しても基本OKという設定が同じだったんですね。
腕切り離してロケットパンチしたり首切り落として回避したりと、面白い戦闘描写ではあったのですが、残念ながらワールドトリガーの方が上手というなんともいえなさでした。というかそれなら痛みを感じない設定にしてほしかったですね。痛みを感じながら体を破損させて戦闘を展開するって、ぶっとびすぎてて恐怖を感じます。しかも練習試合みたいなもんで首切ってますもんね。イカレ具合がやべえよ。子ども引いちゃうよ。



●神緒ゆいは髪を結い

鍵斗君ハーレムです。
水着の女性陣がハーレム状態というけしからん展開ですが鍵斗君はそれくらいしても良いよと大手を振って言えます。彼はそれくらいのことを成し遂げています。もっと楽しませてやれ、女性陣。
そしてとうとうラスボスの存在が明らかになりました。次のクールでは最終回を迎えそうです。きちんとまとめてくれそうで楽しみです。




●ふたりの太星
ミチルかわいいですね。
メインヒロインよりも断然かわいいです。
そのかわり将棋描写が生贄にされている! 良いのかそれで!



●ビーストチルドレン

ラグビーW杯、始まりましたね。
連載開始当初はラグビーW杯始まるときには連載終了しているのではと思いましたが、何とか生き残っておりました。
大変申し訳ないですが、この作品を読むより、ラグビーW杯を観た方が面白いです。



●トーキョー忍スクワッド

この世界観で殺す殺さないの葛藤を入れ込むのか。
ある種新しいですね。
血界戦線ならステージの壁をぶっ壊すか相手が自死するかどっちかですかね。
本作も似たような展開になる気がします。




今週のトップ3
1.ONE PIECE
2.アクタージュ
3.神緒ゆいは髪を結い


今週は勢いがある作品が多くて最高でした。
来週の月曜日まで期間が空きますが何回か読み返そうと思います。


urikado at 10:23│Comments(0)ジャンプ感想 | 漫画

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
KOYABU SONIC 2019  10年目に到達した小籔千豊主催フェスの2日目に参戦した感想×感動まとめBUMP OF CHIKEN aurora ark tour2019 名古屋1日目に参戦して最高だった感想×感動まとめ