週刊少年ジャンプ40号 新連載『ミタマセキュ霊ティ』にもっともっとぶっ飛んでほしい感想まとめ #wj40週刊少年ジャンプ41号 鬼滅の刃が相変わらず絶望的な感想まとめ #wj41

2019年09月08日

坂道シリーズをひたすら書き殴ったまとめ  〜坂道研修生の発足や欅坂46選抜制度導入など気になるところ総集編〜

皆さんこんにちは。ウリカドです。

今回の記事では坂道グループに関する事柄をまとめようと思います。
ここ最近、坂道グループ全体にも関わる大きな出来事が連続して発生しております。いよいよ大改革の時期という感じです。
良いことも悪いこともありますが、一つ一つ向き合おうと思います。

目次
●坂道研修生発足
●乃木坂46新キャプテン決定
●欅坂46 選抜制度導入
●欅坂46 織田奈那 文春報道に関して

●坂道研修生発足
IMG_0454

先日坂道グループ全体での合同オーディションがあり、乃木坂4期生・欅坂2期生・日向坂3期生が増員されました。
そのオーディションで人員が増え、正直なところ乃木坂4期生と欅坂2期生に関してはまだメンバーの名前と顔が一致していないのですが、そんな折りに坂道研修生が発足されました。

15名の研修生で、乃木坂欅坂日向坂それぞれに今後配属されるとのことでした。
これを受けてまず私が思ったことは、「まだメンバー増やすんかい」というところでした。現在のそれぞれのメンバー数は下記の通りです。

乃木坂46・・・・・・43名
欅坂46・・・・・・26名
日向坂46・・・・・・19名

ここに更に15名追加です。乃木坂は3名追加すればちょうど46になるので3名ほどだと思うのですが、日向坂は3期生が1名のため大幅に入れてくるのではと勘ぐっております。
後述いたしますが、欅坂46がとうとう選抜制を導入を発表しました。
これ以上増えれば、選抜に入れないメンバーも増えてしまいます。
勿論アンダーメンバーはアンダーメンバーで活躍できる場はあります。
しかし選抜メンバーの方がメディア露出が圧倒的に多いです。
選抜メンバー数よりもアンダーメンバー数の方が多いという状況になったら元も子もありません。
活躍の場があまりないアンダーメンバーが多くなれば、卒業を意識するメンバーも増えてきてしまいます。
この研修生制度、吉と出るか凶と出るかですが、ただただ楽しんではいられないものという認識です。今後の動向に注意したいと思います。


●乃木坂46新キャプテン決定
秋元真夏が新キャプテンになりました。
以前乃木坂46新キャプテン予想をまとめたのですが、見事に外れました。
正直なところ、嬉しさよりも衝撃の方が大きいです。
なぜなら彼女は1993年生まれの1期生だからです。
26歳という年齢でキャプテンを新たに務めるなんてことは今後の彼女のキャリアを考えてもあり得ないと断定しておりました。
キャプテンを務めるということは、あと数年は乃木坂46を続ける必要があります。
前キャプテンは6年間続けました。
また、比較しやすいところで言うと、AKB48の2代目キャプテンである横山由依はキャプテンになってから4年程度AKB48に在籍していました。
4年後、秋元真夏は30歳です。
そこまで秋元真夏を乃木坂46に縛り付けるつもりなのかと、悲しくなりました。
確かに性質のみをとれば秋元真夏はキャプテンとして適任です。メンバーの誰からも親しまれ、なおかつメンバー全体のことをみているクレバーなメンバーです。
ただ、年齢という面で、これは良くない人事かと思いました。
秋元真夏は外仕事も充分に担う事が出来る人材です。バラエティではMCもひな壇も務めることができます。
そんな彼女を乃木坂46に4年間程度縛り付けるのかと思うと、切なくなりました。
秋元真夏以外にキャプテンを務められる人材を育てられていなかったのも要因の一つでしょう。以前キャプテン予想をしたときもかなり苦労したもんな・・・・・・。
個人的には3代目キャプテンは佐藤楓に期待しております。

●欅坂46 選抜制度導入
少し前にも触れましたが、欅坂46がとうとう選抜制度を導入します。
これまで全員選抜を掲げていた欅坂46でしたが2期生が入り総員数が増え、全員選抜が難しくなったのでしょう。
ここで問題になるのが、アンダーメンバーの数です。
これまで欅坂46は20名前後の人数でパフォーマンスをしておりました。
仮に20名としたら、残るメンバー数は6名です。
6名って、アンダーメンバーでライブをすることも難しい人員数です。
このことから、坂道研修生の多くが欅坂46に配属されるのではと考えられます。
しかし、それにしても、坂道研修生が正式なメンバーとなり活動を始められるということはまだ先の話でしょう。
選抜から漏れた5名程度の人員はその後どのような活動を行えるのか。
恐らく「欅って、書けない」の収録と「握手会」にほぼほぼ限定されていくでしょう。
考えるだけでもおぞましいです。
選抜制を導入するのであれば、せめてアンダーメンバーでライブが出来るように人員数を配分して欲しいと切に願っています。

●欅坂46 織田奈那 文春報道に関して
欅坂46でかなり推していたのが、織田奈那というメンバーでした。
公式がまだ何も発表していないので本人かどうかの確証はないのですが、ほぼ確定といって間違いないでしょう。
別段本人がそれで幸せならば何も言うつもりはありません。
けれども、どうか、卒業という道を選択するのだけは止めて欲しいと思っております。
欅坂46では以前文春にて報じられたメンバーがいました。そのメンバーは直後活動を休止し、その後一度も活動を再開しないまま卒業をしてしまいました。
こういったことを繰り返さないで欲しい。
乃木坂46にもかつて文春にて浮気現場を報じられたメンバーがいましたが、必死に活動を続けて、今でも選抜メンバーとして活躍しております。
織田奈那が本当に幸せな道をたどれることを願っております。



以上になります。
良いこともあり悪いこともありと冒頭に書いたのですが、総じてみると個人的には悪いことばかりでしたね・・・・・・。
坂道グループ、激動の最中ではありますが、ここを正念場として何とか乗り越えられるよう、私自身も微力ながら応援を続けようと思います



urikado at 19:36│Comments(0)坂道シリーズ 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
週刊少年ジャンプ40号 新連載『ミタマセキュ霊ティ』にもっともっとぶっ飛んでほしい感想まとめ #wj40週刊少年ジャンプ41号 鬼滅の刃が相変わらず絶望的な感想まとめ #wj41