『ドラゴンクエスト ユアストーリー』 監督を渾身の拳でぶん殴りたくなったラストを体験した感想 ROCK IN JAPAN2019 8月11日 UVERworldでガチ泣きしてしまったロッキン感想×感動まとめ

2019年08月12日

ROCK IN JAPAN2019 8月10日 BUMP OF CHICKENが最高に熱かったロッキン感想×感動まとめ

前回の記事 ねごとLAST TOUR



皆さんこんにちは。ウリカドです。

今回は初参戦したROCK IN JAPAN FESTIVAL(通称ロッキンフェス)の感想をまとめます。


IMG_2760



ロッキンは今年で20周年ということで、過去最長の5日間開催でした。
総動員数は30万人以上! フェス史上最大の動員数とのことです。
私は5日間会った中で、そのうち8月10日・11日の2日間参戦しました。
それゆえ、本記事では10日目のみまとめさせていただき、次記事で11日目をまとめます。


10日は、計7バンドのライブに参戦しました。



ポルカドットスティングレイ
●SCANDAL
阿部真央
●BLUE ENCOUNT
●UNISON SQUARE GARDEN
あいみょん
●BUMP OF CHICKEN




ポルカドットスティングレイ(PARK STAGE)


IMG_2803


ロッキン一発目として、ロッキンの中で最大規模のステージであるGLASS STAGEのモー娘。とかなり悩んだのですが、ポルカドットスティングレイを選びました。
女性ボーカルで、残りのメンバーは男性というあまり類を見ない男女構成でした。唯一「すパラレルボックス」という曲のみ知っていたのですが、ほとんど情報を知らなかったのでどんな感じなのだろうと思っていました。
無茶苦茶カッコいいですね、このバンド。
特に女性ボーカルがカッコいいです。歌詞も高圧的な女性目線のものが多く、しびれる曲が多かったです。
今回、「パラレルボックス」はセトリに入っておりませんでしたが、それでもかなり盛り上がることが出来ました。




●SCANDAL(PARK STAGE)


ブリーチのED「少女S」や、鋼の錬金術師ED「瞬間センチメンタル」で知っていたバンドです。
「瞬間センチメンタル」がセトリに入ってはいたのですが、それ以外の曲はアルバム曲やライブで盛り上がる曲が多く、かなり攻めているセトリでした。
近くに居たファンの方曰く「初めて参戦した客に全然媚びていないセトリ」とのことでした。それ故にかなり盛り上がりました。
また、8月10日はメインボーカルの方の誕生日でした。31歳とおっしゃってましたが全くその年齢に見えないほど綺麗で、魅力的なバンドだなと思います。
余談ですが私と一緒に行った友人はロッキン終了直後、SCANDALのファンクラブに入りました。凄まじい行動力を生み出す、力強いバンドです。私もベストアルバム買いました。



阿部真央(LAKE STAGE)


IMG_2810



2日間合わせて唯一LAKE STAGEで観たアーティストです。
LAKE STAGEはステージの周囲に座れる段差があるんですよね。
そこでゆっくり観て休憩を仕様と思っていたのですが、阿部真央の歌が格好良すぎてすぐに腕を振ってしまっていました。
阿部真央の格好良さは観客も呼び込むようで、最初はステージキャパの三分の一くらいしか入っていなかったのに、3曲歌ったところでほぼ満席になっていました。
フェス名物である、観客に歌ってもらうというあおりをしたのですが、ステージ近くの人しか歌えず結局阿部真央が歌い始めるというシーンがそれを象徴していたと思います。決して悪いことではなく良いことだと思います。アニメ「消滅都市」のOPである「答」は本当に名曲だと思います。
ロッキン後、ベストアルバム買いました。




●BLUE ENCOUNT(PARK STAGE)



MCがとにかくカッコいい!
歌で伝えることをしながら、あふれ出る思いをMCにて私たちに伝えてくれました。
フェス名物で「リハーサルでセトリ外の楽曲を披露する」というものがあるのですが、「ただ突っ立て待つだけじゃつまんねーよな。本気のリハーサルします!」というかけ声と共に全力のパフォーマンスを披露してくれたりしました。
唯一知っていた「Survivor」も披露してくれて、ほぼずっと飛び跳ねていた最高のライブでした。
9月11日に代々木公園にてフリーライブをするそうです。平日ど真ん中のため参戦できないことが悔しすぎる。




●UNISON SQUARE GARDEN(GRASS STAGE)

IMG_2823


いわずとしれたライブバンドです。今回もベースの田淵さんが荒くれていました。
ユニゾンはフェスでは全くMCをしません。曲を中断するのは水休憩くらいで、ずっとパフォーマンスをみせてくれます。
結果、披露曲は1時間で10曲。二桁いくことはかなり珍しいので、単純に多くの曲を聴けて嬉しいです。
しかもユニゾンにしては結構媚びてくれたセトリで、「オリオンをなぞる」「シュガーソングとビターステップ」の両曲を披露してくれました。
オリオンは初めてライブで聴けたので過去最上級に盛り上がりました。知っている曲がくると「うおおおおお」と叫んでしまう自分のクセ、なんとかなおしたい。



あいみょん(GRASS STAGE)

あいみょん可愛い! となったステージでした。
カッコいい曲が多いのでクールなイメージだったのですがMCがかなりふんわりしていて、こういう一面を持つアーティストなんだなと、なんか感動しました。新曲披露の時に序盤が合っていなかったため、「お手柔らかに」とはにかみながら再度やり直していたのが逆に好印象でした。関西弁だったのも意外でした。関西出身なんですね、あいみょん。私、今大阪に住んでいるので親近感覚えました。
安定して盛り上がれるセトリで、あいみょんのライブに参戦できて良かったと思える内容でした。



●BUMP OF CHICKEN(GRASS STAGE)
大本命、バンプ!
人生初のバンプのライブ参戦です。
中学の頃からバンプが好きで、天体観測やカルマがカラオケの十八番です。最新アルバムも購入し、万全の体制で臨んだ結果、セトリの全ての曲を知っている状態でした。最高!
その上で「車輪の唄」「ガラスのブルース」など、昔の名曲もしっかり歌ってくれて、本当に幸せな時間でした。
ボーカルの藤君がかなりテンション高かったのも印象的でした。全曲終わった後も「お前らがいなかったらこのステージはないし俺らはここに立てていなかった」というような熱いMCを聞かせてくれました。一日目ラストにも関わらず全力ではしゃげて大満足なライブでした。


以上になります。
8月10日、最高の1日でした。これが最高の夏というものなんですね。これまで知らなかった自分を殴りたい。

という訳で、8月11日の感想に続きます!


コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
『ドラゴンクエスト ユアストーリー』 監督を渾身の拳でぶん殴りたくなったラストを体験した感想 ROCK IN JAPAN2019 8月11日 UVERworldでガチ泣きしてしまったロッキン感想×感動まとめ