GW九州旅行記⑤ 4日目 ~道の駅フェニックスから始まる最終日~ 台湾旅行記 ① 1日目 〜文化の違いを楽しみながら臭豆腐に殺意を抱いた話〜

2019年05月05日

1人でも行ける居酒屋紹介  『越前若狭 酒蔵』

皆さんこんにちは。ウリカドです。 
九州旅行記を連投していた一方で他にも旅行をしていました。旅行記連続もどうかなあと思うので、一旦別の話題を挟もうと思います。 

実は私、一人でも行ける居酒屋が大好きです。ゆっくり飲みつつ、意外な繋がりが出来たりするところが良いなあと思っています。 
今回は大阪付近で、今しかオススメできない居酒屋を紹介いたします。 

●2019年5月6日に閉店してしまう、日本酒を扱ったお店! 

『越前若狭 酒蔵』というお店です。 

なんとこのお店、後二日で閉店してしまいます!

IMG_9987


その理由としては、『泉の広場』という大阪の待ち合わせスポットの閉鎖が関わっています。 

FullSizeRender
IMG_9994


『泉の広場』は長い間大阪在住の人々の待ち合わせスポットとして人気を博していました。しかし5月6日に閉鎖という形になり、それに併せて周辺のお店の区画整理が発生するそうなんです。
そこにあわせて契約をしたのが『越前若狭 酒蔵』になります。それゆえ、『泉の広場』閉鎖と同時に『越前若狭 酒蔵』も閉店してしまいます。 


しかし、このお店、本当に良いお店なんです。後二日ですが是非ご賞味いただきたい! 

●扱っているのは福井県の日本酒のみ! 

日本酒を好きな方でも福井県の日本酒を攻めている方はそうそう居ないと思います。かくいう私がそうでした。 
そんな知られざる福井県の日本酒を安価で堪能できるのが『越前若狭 酒蔵』になります。 

IMG_9986
IMG_0010


一杯分の日本酒を400円から味わうことが可能です。
希少で高価な日本酒を容易に味わうことが出来る反面、他のお客さんが一本飲み干してしまうと在庫がなくなってしまうというシステムになっています。
『越前若狭 酒蔵』同様、一期一会に近い日本酒になるんです。 

日本酒に合う食事もしっかり用意されております。特に美味しかったのは日ごとにかわるおばんざいです。一日三種類の内から一種類選べる形式で、どれも日本酒に合って美味しかったです。 

FullSizeRender


また、特にオススメが、『越前若狭 酒蔵』オリジナルのアイスに日本酒をかけるという贅沢な一品です。日本酒の味わい深さとアイスの甘さが絶妙にマッチし、いつの間にやら無くなってしまう一品に仕上がっております。最後の〆にうってつけの一品です。 

IMG_0057


5月6日にはどうあがいても閉店してしまう名店です。是非この機会を逃さず、堪能してください! 


コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
GW九州旅行記⑤ 4日目 ~道の駅フェニックスから始まる最終日~ 台湾旅行記 ① 1日目 〜文化の違いを楽しみながら臭豆腐に殺意を抱いた話〜