2020年05月04日

コロナで外出自粛が延期されたのでAmazon prime含む暇つぶしを再度まとめる




前回の記事がおよそ1カ月前だったんです
ライブが基本的な趣味の独り身男なのでライブが延期されると虚無の日々でしかないのですが、

まさかゴールデンウィークに入っても虚無が続くとは思わなんだ!


フェスやら旅行やら沢山予定を立てていたのに全部パーです

虚無超えてブラックホールですよ(意味不明)!


そんでもってゴールデンウィークが終わってもこの外出自粛期間は続くということで、
改めてこんな暇つぶしは良いのではという案をまとめさせていただきました

前回の記事で取り上げたものは、Amazon prime以外は除外します

それではいきましょう


目次
●ゲーム
●料理
●株
●ガンプラ
●Amazon prime





●ゲーム

暇さえあればこればっかしてます
今の世の中オンラインゲームが膨大にあるので色んなゲームを通じて色んな人とつながれるのが良いです

代表的なものでいうと、スマブラやスプラトゥーン2や、PS4のディビジョン2をやっています

何気にPS4とswitchが家に備わっていたので、どんなゲームが好きな人とでも基本的に繋がれるのが良い点です

これまであまりやり取りできていなかった旧友とも気楽に繋がれて最高です。

「今日暇ならゲームしない?」

飲み会に誘うよりも気楽にできておすすめです。



●料理

4月、本当にほとんど外に出なかったんですよ

そうなった結果、昼はカップ麺、夜はウーバーイーツという、
とんでもない食生活に変貌してしまいました

これではいけないということで、自分の体を守るためにも始めたのが料理です

大学4年間一人暮らしをして暇をもてあそんで料理していた経験があったため、
それほど苦も無く日常に取り入れることができました

レンジでチンで簡単に出来る料理が良いですね

凝った料理を目指すと趣味として続かないので、
手軽で作り置きできるメニューをマスターしようと思います

youtubeで調べると色んな人がお手軽料理作ってますからね
それを真似するだけでも楽しいです

現状おすすめは、ジャガイモやニンジンや玉ねぎを煮込んでタネとし、
肉じゃが・カレー・シチューのどれかに気分によって変身させる料理ですね

料理と言えるのかこれは



●株

うまいことやりたいなあというところ

父親が株で稼いでいるため教えてもらいながら様々な参考書を読んだのですが
なかなか理解が難しいですね

ただ貯金するのではなく、うまいこと利益につなげられたらなあと思っております

ギャンブルではなく、しっかり計算して利益を得たい

うまくいくことを願うばかりです
ひきつづきがんばります


●ガンプラ

誘われたのですが断ってしまいました

男の趣味としてかなり良い部類だと思います

時間もつぶれますし、達成感もあるし、何よりガンプラが出来上がって飾ることができる

時間かけて良いものを作ったという実感を得るにはもってこいかと

ただ、家が狭くてですね、飾る場所が無いんですよ

というわけで興味はありますがひとまず自分はやらないでおきます



●Amazon prime

冗談抜きで毎日1作は映画を観ています

それでも鑑賞したい作品がなくならないのがアマプラのよいところ

量とラインナップがちょうど良いんですよね

これは無いのか~残念~ということもありますが、そのおかげで他の趣味にも時間をあてられます

前回の記事では洋画を中心におすすめしたため、今回は邦画と、アマプラで観れる今期アニメも少々おすすめさせてください


(邦画)
・殿、利息でござる(物語中盤まで来るととあるキャラ出るたびに泣けるというすさまじい作品)
・祈りの幕が下りる時(東野圭吾史上最もえげつなく、最もやるせない結末)
・坂道のアポロン(セッション、最高だぜ! とにかくテンションがあがる青春ドラマ)
・あやしい彼女(ライブ、最高だぜ! 多部未華子がひたすら可愛い、一風変わったラブコメ)

IMG_7589


(アニメ)
・乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった
 (略称はいふり。異世界転生ものは個人的にあまりすきではないのですがこれはハマりました。キャラクター全員良い奴なのが素晴らしい)
・かくしごと
 (『かってに改造』『絶望先生』でおなじみ久米田先生原作。漫画家あるあるを繰り広げながら裏エピソードではなかなか切ない描写を織り交ぜてきてあなどれません)

IMG_7590




以上!
来月も同様の記事を書かないことを祈るばかりです

外出しないからまじで早く終息してくれ、コロナ!


















2020年04月05日

ライブが趣味の独り身男性が何とか見出した家での暇つぶし方法まとめ

皆さんこんにちは、ウリカドです

前回更新から1カ月以上経ってしまいました
ライブ感想を基本的にまとめるブログになっているので、今のご時世、書くことがなくなってしまいますよね


・RADWIMPS 3/21
・SCANDAL 3/29
・the peggies 4/4
・sumika 4/5
・日向坂46 4/11


全部延期ですよ!
どうなってんですか本当に!
行きたい! ライブに行きたい!



コロナウイルスの猛威が半端じゃないので仕方がないことではあるのですが、それにしたってえぐいです

いかんせんライブでストレス発散していたところもあったので、日常が本当につまらないものとなってしまいました

しかもいつまでコロナウイルスがはびこっているかわかったものではないので、4月以降のライブチケットをとるのも控えてしまいます

特に大阪で大きめのフェスであるメトロック、行きたかったなぁ……



ゴールデンウィークの予定もまるでたちません

というかほぼ間違いなくゴールデンウィークまでコロナウイルスの影響は残っているので一歩も外に出る気はありません

旅行もしたかったけどなぁ……無理だよなこれ……



しかも数少ない趣味であるサウナすらいけないんですよね

お年寄りの方が多いのでコロナウイルスをもしうつしてしまったらと思うとたまったもんじゃないんですよ

サウナでストレス解消すら出来ないという……何を楽しみに生きれば良いんだろう……




という訳でかなりしんどい中ではあるのですが、何とか楽しめないかなと思って色々やってみて、そこそこ楽しかった趣味的なものをまとめようと思います



目次
●筋トレ
●Amazon prime
●電子書籍
●ライブDVD鑑賞
●演劇DVD鑑賞
●LINE映像通話飲み会





●筋トレ

自分の趣味で継続して行えた中ではアグレッシブな種類でした 

筋トレが趣味とはいったもののジムには通わず自宅で行うだけですのでそこまで本格的ではありません

ただ、下記3点があれば、自宅で行う筋トレも若干本格的になります

・腹筋ローラー
 ただ腹筋をやるよりも負荷をかけられます
 その上、腕や背中、胸の筋肉にも若干負荷がかかるため、上半身の筋トレにはもってこいです

・重さを自在に変えられる可変式ダンベル
・ベンチ
 この2点があれば、ベンチプレスができます
 単なるダンベルではなく可変式ダンベルですので、重さを買えて気分気ままにベンチプレスを行えるところが最高です 

IMG_6958



外出が出来ず体がなまってしまうと思うので、筋トレ、かなり良いと思います




●Amazon prime

定番中の定番ですね
ジャンルに分けつつ、2020年4月5日時点で視聴可能なおすすめの作品をまとめます

【感動系の映画】
・ワンダー 君は太陽(良い奴しかいない)
・きっと、うまくいく(インド映画の最高峰。笑いあり涙あり)
・アバウト・タイム(人生ついて考えさせられる名作)
・コーヒーが冷めないうちに(唯一の邦画。感動するほど素晴らしい構成)


【ドラマ】
・ウォーキングデッド(シーズン1だけでもかなり面白い)
・ゆるキャン△(かなり良いクオリティの実写。飯テロでしかない)


【アニメ】
・C(全12話。信じられないくらい熱いラストバトル)
・この素晴らしい世界に祝福を!(気楽にさらっと観れて笑える)




●電子書籍

個人的には紙の本やコミックスが好きなのですが、郵送をお願いすると最低でも1日かかってしまうんですよね

その点電子書籍であれば買ってしまえばすぐに読めてしまうということで、これからかなり重宝しそうです

最近のおすすめの漫画は『明日クビになりそう』という作品です
死ぬほど無能な奴が仕事を先送りにしまくって結局どうにもならない様子が描かれています

特にやばいなと思ったのは、
・「他社のタバコ休憩をマクロでまとめてタバコを吸っていない自分はどれだけ早く帰宅できるのか計算する」
・「忘年会の予約を先送りにしたまま当日夜を迎えてしまった」
・「会社のコピー機でAV女優のポスターを印刷していたらプレゼン資料にまぎれこんでしまう」
辺りですね

こんな感じの話が延々と紡がれます
こいつよりはまだましだと信じつつ、盛大に笑える短編集です
まだ1巻しか出ていないため、買うなら今しかありません



●ライブDVD鑑賞

CDを買うのが趣味の時代がありました
CDによっては得点でライブDVDがついており、それを見ながら家で一人でもりあがるということをしました

IMG_7359


the peggiesのライブです
最高


なかなか楽しくストレスも解消できるのですが、一定時間経つと虚しさを感じてしまうため要注意です
やはりライブは誰かと一緒に楽しみたい……



●演劇DVD鑑賞

これは盲点でした
大学時代、演劇サークルに入っており、その時に買っていた小劇団のDVDを引き出しの奥から引っ張り出してきました

・ヨーロッパ企画『サマータイムマシンブルース』
・アガリスクエンターテイメント『ナイゲン』
・劇団あおきりみかん『漂流裁判』

このあたりが特におすすめです
今、小劇団、かなり厳しい状況ですからね……
上記の劇団は通販もやっています。
気になった方がいらっしゃいましたらこの機会に演劇鑑賞をしてみてはいかがでしょうか
ドラマや映画とは違った、「生の体験」を楽しめます



●LINE映像通話飲み会

意外と楽しめました
酒やお菓子は買いこんでいるので、気の知れた友人と気ままに話しながら飲み会出来ます

気楽に映像通話できるような時代でまだ良かったなあと思います
外に出なくても誰かと話せるというのは素晴らしいことです

このほかにも映像通話しながらのスマブラも楽しいのでおすすめです




以上になります
上記以外によさげな暇つぶし方法があったら教えていただきたいです
恋人作れば良いのではという意見は一切受け付けられないのでご了承を


まあだったらまずはブログをもっと更新しろよという話だとは思うんですけどね
結局外出できないから書くネタが見つからないんです


早く終息しろ、コロナウイルス!



2020年02月26日

フレデリック 「FREDERHITHM ARENA 2020~終わらないMUSIC~」に参戦して音と光の演出を楽しんだ感想&感動まとめ

皆さんこんにちは。ウリカドです

巷ではコロナウイルスの話題で持ちきりですね
横浜アリーナに関しては今週土日に開催予定だったラルクのライブが中止になったとのことで、悲しい限りだと思います
前回は米津玄師の横浜アリーナライブにも参戦しましたが、時期としてはまだライブに踏み切れるところだったのでしょう

そんな中、本当にギリギリ開催に踏み切れたであろう、フレデリックのライブに関して感想をまとめます


IMG_6638


目次
●光の演出が素晴らしいライブ
●ライブ感想


●光の演出が素晴らしいライブ


フレデリックは言わずもがな、「オドループ」「オンリーワンダー」などで有名なバンドです
ノリにノレるアップテンポの曲を沢山生み出してくれます

そんな中、今回のライブでは特に光の演出にこだわっているように思えました

最たる例が、入場と共に配布されたキットです。

IMG_6646
IMG_6647


「NEON PICNIC」演奏時にこちらのキット内でスマホのライトを光らせると、ライトをキットの色に染めることができます
しかもこちら、フレデリックメンバーには内緒で行うサプライズ演出とのことで、いつ「NEON PICNIC」が来るか楽しみで仕方がなかったです

他にも「LIGHT」演奏時にはミラーボールを用いた演出がありました
ロックバンドのアリーナライブでミラーボールを用いた演出って私が知る限り見たことがなく、かなり新鮮でした

花道のみを光らせてステージを暗くし、その間に浮島に移動するという離れ業の演出もあり、常に何が起こるかワクワクしっぱなしのライブとなっておりました


●ライブ感想
IMG_6648


やっぱりフレデリック大好きだな!

正直ライブに参戦するまで、フレデリックの楽曲を聴きすぎて若干飽きてしまったところがありました
新曲出したのも昨年の10月がラストということもあり、フレデリックの楽曲を聴きすぎてしまっていたんです
現に今回のセトリ、歌詞まで覚えている曲がほとんどでした
「KITAKU BEATS」でしっかり拍手出来たことが気持ちよかったです

ライブ前の予習でも「もういいかな」と思うことがありどうなるかなと思っていたのですが、杞憂に終わりました
フレデリックの楽曲には中毒作用があります
一度はまればなかなか抜け出せません
私は中毒作用に任せて聴きまくってしまっていたのですが、今回のライブで様々な演出と掛け合わせられる楽曲群が、改めて魅力的に感じました

「イマジネーション」のコール&レスポンス、楽しすぎる!

「終わらないMUSIC」とともに流れるエンドロールが感慨深すぎる!

加えて、2021年には日本武道館でのライブが確定しました
もうこれは最後の最後までフレデリックについていくしかありません!
引き続きフレデリックを追いかけていきたいと思います!



2020年02月22日

優利香 ワンマンライブ ~シンクロニシティを繋いで~ に参戦してメジャーデビューって本当に狭き門なんだなと感じた感想×感動まとめ

皆さんこんにちは。ウリカドです。

今回は優利香 ワンマンライブ ~シンクロニシティを繋いで~に参戦した感想をまとめます

IMG_6504


大変失礼ながら、恐らくほとんどの方々は優利香さんを知らないのではと思います

それもそのはず、彼女はメジャーデビュー前のシンガーソングライターです

私も数日前まで優利香さんを知らない状態でした

知ったきっかけは大阪駅で行われた路上バンドです

岡崎体育のライブに行く前に大阪駅を友人と散策していたところ路上で優利香さんの歌が聴こえてきました

しかも友人が路上ライブの追っかけをしておりまして、「大阪の路上バンドはレベル高いけどこの歌手は特に良いね」と言ったら「じゃあワンマンライブ行こう!」となった次第です


目次
●優利香さんの詳細
●そもそもメジャーデビューとは何なのか
●ライブ感想




●優利香さんの詳細

兵庫県神戸市出身ギター弾き語りシンガーソングライター
18歳の時に専門学校で音楽を学びながら大阪、関西を中心に活動開始。
ライブ本数を重ね、東京遠征、数々の主催イベントを開催、活動の場を広げていく。
(公式プロフィールから抜粋)





大阪を拠点に活動しているとのことです
賞も数多くとっているとのことで、実力は折り紙付きかと

かなり高い声ではあるのですが非常に聴きやすく、耳に残る感じです
アップテンポの曲も多く、実際ライブではかなり盛り上がりました



●そもそもメジャーデビューとは何なのか

こんなに実力のあるシンガーソングライターが何故路上ライブをしているのか不思議で仕方がなかったです

今回に関しても200人規模のライブスタジオはほぼほぼ満席という状況でした

何故メジャーデビューまで到達していないのか

というかそもそもメジャーデビューって何をどうしたら達成できるのか

ちらっと調べてみたら、「日本レコード協会」に加盟している会社に所属することを日本ではメジャーデビューと定義しているらしいです

これほどまでに観客動員出来て感動させられるシンガーソングライターなのにと思わざるを得ませんでした

かなり厳しい世界ということを改めて実感しました

優利香さん、是非メジャーデビューしてほしい



●ライブ感想

何よりもまず優利香さんと観客の距離が非常に近い!

歌声が無茶苦茶響いてきました

また、冒頭で説明があったのですがどうやらクラウドファンディングの目標額が達成したということで、今回のワンマンライブがDVD化するらしいです

調べてみたら70万円あつまってました

企画力もあり、実行に移し、達成している……凄まじいですね……

ただ観客との席が近すぎるせいで観客の反応を逐一優利香さんが反応出来てしまうという弊害がありました

MCが若干ぐだってしまうところがあり、これもDVD化されてしまうのかと思うと若干悔しいです

楽曲自体は実はサブスクで数曲聴けます

IMG_6505


予習をして個人的に好きだった「圧力鍋」「三角マーク」「青いクジラ」が聴けて良かったです

客層は流石に男性が多かったですが、女性もかなり多く見受けられました
女性のシンガーソングライターで女性ファンつかめているのはかなり凄いことなのではと思います

まさかのダブルアンコールで、バンドメンバーが優利香さんに隠れて練習をしていたサプライズ曲もあり、最高の盛り上がりをみせてライブは終わりました

今年また大阪にきてくれるらしいので、是非次回も参戦しようと思います!


2020年02月16日

米津玄師 2020 TOUR / HYPE 横浜アリーナ1日目に参戦した感想×感動まとめ (一部ネタバレあり)




皆さんこんにちは。ウリカドです
今回は米津玄師 2020 TOUR / HYPEの感想をまとめます

IMG_6437


突然ですが、皆さんはどの曲から米津玄師を好きになりましたか?

よくあるパターンは「lemon」からだと思います
そりゃそうですよ
誰もが知る紅白初出場曲ですからね

それか、「パプリカ」からでしょうか
これもわかります
東京オリンピック2020のテーマソングな上にレコード大賞もとっていますからね
情報化社会の中、知らないでいる方が難しいというものです

一方私は、「MAD HEAD LOVE」から米津玄師が大好きです!
HACHI時代だと「マトリョシカ」から大好きです!
「砂の惑星」は知らんかったのでライブ前に予習しました! 名曲!


振り返ってみれば、中高時代はHACHIとして、大学社会人時代は米津玄師として、米津玄師が作り出す楽曲が好きでした

中学からずっと聴き続けていたという、ほぼ自分にとってのBUMP OF CHICKENに近いくらいの聴きっぷりでした

とはいいつつもHACHI=米津玄師という事実を知ったのも最近というにわかファンなので、ライブも初参戦です
フェスに全く出ず、サブスクにも無く、ファンクラブもない米津玄師
そんな米津玄師のライブ初参戦だからこそ、にわかファンながら無茶苦茶感動しました



目次
●米津玄師 ツアーライブ 3つの大きな特徴
 ①どの席に座るのか、会場でしかわからない!?
 ②特徴的なライブグッズ!!
 ③独特過ぎるガチャ!!
●ライブの感想(ネタバレあり)




●米津玄師 ツアーライブ 3つの大きな特徴
①どの席に座るのか、会場でしかわからない!?



米津玄師のライブチケットはQRコードが中心の電子チケットになっております

IMG_6444


今回私はCDの先行抽選券でライブチケットをあてたのですが、一緒に参戦した他2名のチケットも電子チケットです
その上、先行抽選時に全員が米津玄師のオフィシャルチケットHPの無料会員になる必要があります
これにより、抽選に当たった場合自動的にチケットが分譲されるという仕組みです

スクショで転売されないように、チケットには点滅する部分が含まれております
また、当日身分証の提示が求められるためどうあがいても転売できないようになっております

しかもですね、電子チケットには席が書かれてないんですよ
当日QRコードを読み取ってもらわないと、席が明記された紙のチケットが発見されないという仕組みです

前回の岡崎体育のチケット転売策も画期的でしたが、お金かけまくればここまでの厳重システムにできるんだなあと思いました

ただこのシステム、スタッフさんの確認に時間がかかります
席も会場でしかわからないため、入り口を一つしか設けることが出来ません
中には公式HPに入れるIDとPWを忘れた方も居て、入場列がかなり伸びていました

IMG_6443

大行列です

早めの入場を心掛けたほうがよさそうです




②特徴的なライブグッズ!!

全デザイン米津玄師担当です
総額1万円以上購入したらもらえるバッグのデザインも米津玄師担当っぽいです
それゆえ特徴的なグッズがそろっていたのですが、若干グッズ数が少ないような気がしました

IMG_6441


結局私が購入したのはタオルのみ
オレンジ色が映える、良いタオルです
かなりの人が購入していて、ライブ中に米津玄師が触れてくれる場面もあったため、購入して良かったなあと思います



③独特過ぎるガチャ!!

最後に紹介したいのがガチャですね
最近ライブ会場には1回500円のガチャが多く用意されているように思います
前回の岡崎体育では各CDジャケットの缶バッチのガチャがありました
カウントダウンジャパンフェスでは絵馬のキーホルダーがありました

では米津玄師のガチャはというと、キーホルダーでした
米津玄氏キャラデザのキーホルダー、です

IMG_6455


独特過ぎる!
どんだけ調べてもキャラ名すら出てこない!



しかもこれ、第3弾らしくてですね
第1弾・第2弾はどんなキャラだったのか無茶苦茶気になるところです



ちなみに私は人型のキーホルダーを手に入れました

IMG_6468


これまた独特





●ライブの感想(ネタバレあり)




しょっぱなから「LOOSER」で最上級に盛り上がりました!

「LOOSER」に合いの手があるなんて知らなかったのですが、合いの手入れる瞬間にステージのライトが変わるんでかなりわかりやすかったです
初見にやさしい

米津玄師がステージ上に登場だ、と思いきや、ステージ前方にはブラインドがかかっており、完全には米津玄師をみることが出来ませんでした

そのまま「砂の惑星」に進み、米津玄師を完全にみることは出来ないながらも最高にもりあがっていました
「砂の惑星」、YoutubeにもボーカロイドボーカルしかUPされていないですからね
米津玄師の声で聴ける「砂の惑星」、最高以外の何者でもなかったです イエーイ

そして次は「Flamingo」!
ブラインドも取り外され、これで米津玄師の姿をみれる!

と思いきや、何故かステージ上に横たわる米津玄師
ステージにスクリーンが映し出されたと思ったら、ステージを上側から撮影している様子が映し出されました

つまりスクリーンをみると米津玄師は前方を向いているという状態になります
ステージ上は照明で彩られており、横たわりながらも彩られていく米津玄師が歌い続けるという光景が広がっていました

何だこの演出の数々!
息つく間もなく繰り出されてただただ凄いと思わざるを得ない!


「WOODEN DOLL」ではギターで演奏し始め、ドラムベースギターのバンドメンバーも登場し、「パプリカ」ではダンサーも登場するというてんやわんや状態でした

MCを聞くとバンドを結成してから5年程度経ったとのことです
米津玄師って孤高のイメージがあったのですが、しっかりバンド活動していたんですね
何故か嬉しくなった次第です

MCはあまりなく、ひたすら曲を披露してくれる2時間でした
「ライブにいまいち乗れないけれど音楽が好きでライブが好きならあんまり盛り上がらなくても大丈夫だよ」というMCも印象に残っています
ただそれよりも印象に残っているMCは、「何かオレンジ色がおおくてコロナ対策かなと思っていたら自分が作ったライブタオルだったね」というものでした

何だよお茶目かよ米津玄師!


米津玄師の印象、印象変わりました



その後も「パンダヒーロー」「ピースサイン」「しとど晴天大迷惑」「Lemon」「馬と鹿」「ゴーゴー幽霊船」「灰色と青」などなど、名曲の数々を披露してくれました。
計20曲以上披露してくれて、最高の時間を過ごすことが出来ました



以上になります
にわかファンではあるものの、知らない曲は5曲程度だったので、やっぱり私は米津玄師が大好きだったんだなと思いました

そして、今回のライブでもっと好きになりました

今後もCD買って先行抽選挑戦し続けようと思います!